menu

婚活のホンネ

婚活が辛くてやめたけどモヤモヤが…そんな時に前向きになれる5つの考え方

婚活をやめたけどモヤモヤする時に前向きになれる考え方

婚活を頑張って続けていたけど、なかなか素敵な人と知り合えない、気に入った人に選んでもらえない、もう辛いから婚活をやめた、そういう方も多いと思います。しかし婚活をやめてみたものの、焦りやモヤモヤしたものが残っている…。そんな方のために今回は、婚活が辛くてやめてしまったけど本当に良かったんだろうか?と悩む方の心が前向きになれる考え方5つをご紹介します。

 

1.やめることは悪いことじゃない

婚活をやめると、周囲の友人や親族から責められる、という方もいるかもしれません。しかし結婚は自分のためのもの。自分が幸せになるために婚活をしているのですから、婚活が辛いと自分の内から悲鳴が上がっているのなら、やめることは悪いことではありません。
結婚は幸せになるための一つの手段であって、他の幸せだってたくさんあるのですから。無理をする必要などないのです。

 

2.うまくいかない時は充電期間も必要

うまくいかない時は充電期間も必要

婚活に限らず、根を詰め過ぎるとなんでも上手くいかなくなるものです。辛くなるほど婚活を続けていたなら、一度充電期間を取ってみても良いのではないでしょうか。充電期間は余計な事は考えずに、自分のやりたいことを好きなだけやって、心と身体を休めましょう。休むだけ休んだら、次の行動力が湧いてくるはず。湧いた行動力を婚活に使うかどうか、その時考えれば良いのです。

 

3.自分の魅力を再確認してみる

自分の魅力を再確認してみる

婚活で失敗続きだったあなたは、自分に自信が持てなくなっているのではないでしょうか。自分に魅力がないから婚活が上手くいかないんだ、そう考え始めるとどんどん自分を責めて辛い気持ちになってしまいますよね。
そんな時は、一旦立ち止まって自分の魅力を再確認してみることが重要です。自分を信じられない人間は、相手に自分を売り込むことなんて出来ませんよ?婚活を一旦やめて、自分と向き合って自分の良いところを探す、自分探しの時間を作りましょう。

 

4.空いた時間で趣味を充実させてみる

空いた時間で趣味を充実させてみる

婚活に一生懸命な間は、パーティに参加したり、メールを送ったりと、生活のかなりの時間を婚活に割いて来たはず。婚活をやめると、ぽっかりと空いた時間があることに気づくことでしょう。では、その空いた時間に新しい趣味を始めてみるのはいかがでしょうか?自分の魅力をアップさせることにも繋がりますし、新しい交友関係が出来て、案外そこで恋人が出来る可能性だってあります。
婚活に焦っている人よりも、充実した趣味を持っている人の方が、周りには魅力的に映るものです。

 

5.どうして結婚したかったのか考えてみる

どうして結婚したかったのか考えてみる

婚活をやめて充電期間を経ると、また少しずつ意識が婚活に向き始めるはずです。その時は、改めて自分がどうして結婚したいのかを考えてみましょう。結婚してどうなりたいのか、どんな人と結婚したいのか、どんな家庭を築きたいのか、しっかり自分の理想を考えてみましょう。理想が明確になった時、再び行動する意欲が湧いてくるのを感じるはずです。
もちろん考えた結果、結婚する必要があまりなかった、という結論に至ったならば、無理に婚活する必要はありません。結婚だけが人生ではないですからね。

 

以上、5つの考え方でした。婚活を無理に続けても、心をすり減らしていてはあなたの魅力はどんどん減っていきます。そしてその結果、婚活がますます上手くいかなくなるというスパイラルに陥るリスクが高くなります。ですので、婚活が辛くてやめたのなら、その決断は間違っていません!
やめている間にしっかり自分を充電し、充実した日々を送ることで、あなたの魅力は高まっていくでしょう。その後でもう一度婚活するかどうかを選べば良いのです。あなたの今後の選択を応援しています!

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

Facebook