menu

婚活のホンネ

お見合いで失敗続き…。そんな時に前向きになれる3つの考え方

お見合いで失敗続き

お見合いで失敗続き…。とても辛くて苦しいですよね。自分に結婚は無理なんじゃないだろうか?自分のことを好きになってくれる人なんて現れないんじゃないだろうか?そんな不安に押し潰されそうになることもあるかと思います。ですが、諦めるにはまだ早い!今回は、お見合いに失敗続きで辛い時に、前向きになれる考え方を紹介します。

 

考え方その1 お見合いの段階で失敗して良かった

お見合いの段階で失敗して良かった

結婚を焦るあまり、勢いで結婚して後から後悔する夫婦も多いです。お見合いで失敗続きということは考え方を変えれば、お互いにそれだけ慎重に選ぶことができている、ということでもあります。何度失敗しても、結果的に満足のいく相手が見つかればそれで良いのです。お見合いは、早く相手が見つかれば良いというゲームではありません。長い人生をこれから一緒に歩んでいくパートナーを探す作業なのですから、時間がかかって当然と考えましょう。

 

考え方その2 自分の魅力を理解してくれる人は周りにいる

自分の魅力を理解してくれる人

お見合いの失敗が続くと、どうしても自分の魅力に自信が持てなくなってくると思います。自分は魅力がないから、誰にも好きになってもらえないんじゃないだろうか?そんな風に考えてしまうこともあるでしょう。そんな時は、普段接している友人、職場の同僚、家族のことを考えてみましょう。あなたは1人で生きているわけではないはずです。その人たちはあなたに魅力があるから一緒にいてくれているのです。誰からも好かれていない人などいません。たまたま相性が合わない人と連続でお見合いをしてしまっただけなのです。

 

考え方その3 付き合いに発展する確率はそんなに高くはない

付き合いに発展する確率は高くない

あなたが学生の頃、一クラスに何人の男女がいましたか?そしてその中で何組のカップルがいましたか?私のクラスは40人で男女比はおおよそ半分ずつくらいでした。そしてその中でクラス内のカップルは、大体1,2組くらいだったと思います。20組の男女が年中一緒にいて、結果カップルになれているのは1,2組なのです。あなたのお見合いが失敗続きだとしても、せいぜい10~20回程度ではないでしょうか?これまでの人生で出会ってきた異性の数に比べたら全然少ないのです。そう考えると、お見合いの連続失敗など当たり前ということに気付きます。

また参考までに、日本の20代〜40代の人口は、およそ男性:1600万人、女性:1560万人います。まだまだ、諦めるには早いと思いませんか?運命の人は、次のお見合いに現れるかもしれませんよ。

 

以上、3つの考え方をご紹介しました。失敗が続くとどうしてもネガティブ思考になって、次のお見合いに踏み出せなくなってしまいますよね。しかし、自分の魅力を再確認し、これくらいの失敗は当然だと考えられれば、また行動する意欲が湧いてきます。そして諦めずにお見合いを続ければ、きっと素敵なパートナーと出会うことが出来ますよ。あなたの次のお見合いを応援しています!

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

Facebook