menu

婚活のホンネ

婚活パーティ後のメールが続かない!?気をつけるポイントはこの3つ!

婚活パーティ後のメールが続かない

婚活パーティのゴールは、カップルになってメールアドレスなりLINEを交換するところだと思います。アドレスを交換したら、次はメールで仲良くなろうとしますよね。パーティでアドレスを交換して、「よし、これからメールして仲良くなるぞ!」と張り切ってメールをしてみたものの、何故かメールが続かずそのままフェードアウトされてしまった…、という方もいるのではないでしょうか?

婚活パーティの第2の難関は、このパーティ後のメールにあります。パーティ後のメールで、次のステップに進むためのポイントをまとめましたので、メールが上手くいかないとお悩みの方はご一読下さい。

 

ポイント その1 メールの目的を明確にする

婚活パーティの目的が、カップルになってメールアドレスを交換することだとして、ではパーティ後のメールの目的はなんでしょうか?目的を明確にせずにダラダラとメールでやり取りすると、フェードアウトされる危険はどんどん高くなります。婚活パーティ後のメールで真っ先にやることは、『2人で会う約束を取り付けること』です。飲みに行く、食事に行く、ドライブに行く。内容はなんでも良いです。

婚活パーティでカップルになったとは言え、まだ2人の関係は非常に薄く脆いものです。そして時間が経てば経つほど、関係は希薄になるもの。関係をより強固にするために、出来るだけ早く2人でデートすることが必要です。また、薄い関係をメールで繋ぎとめようとするのは非常に難しいでしょう。ですので、メールはデートの約束を取り付けるためのツール、と割り切るようにしましょう。

 

ポイント その2 最短のやり取りでデートに誘う

最短のやり取りでデートに誘う

デートに誘うのは男性からが多いと思いますので、主に男性への注意事項になります。婚活パーティでカップルになったら、メールでデートに誘うことになりますが、その時にダラダラとやり取りをかわさずに、スパっと日時を決めることが大切です。なかなかデートの日程を決めずに、ダラダラと会話をやり取りしていると、はっきりしない態度に嫌気をさし、フェードアウトされてしまうことがあるので気をつけましょう。

基本的に婚活パーティでカップルになった時点で、相手はあなたに興味があるのです。デートに誘えば高確率でOKを貰えます。遠回りせずにスパっと会う約束を取り付けましょう。

 

ポイント その3 メールで話し過ぎない

メールで話し過ぎない

デートの約束を取り付けたら、メールでダラダラと会話をするのは控えた方がベターです。もちろん、2人ともメールが好き、というのがはっきりわかっていれば問題ないのですが、基本的にはメールでデートの約束を取り付けたら、その日まで待っていれば会えるのです。それが不安になったり、寂しくなったからといってしつこくメールをしていると、相手に「面倒くさい人だな…」と引かれてしまう危険があります。またメールで話し過ぎない方が、直接会った時に話も弾みますよ。

 

いかがでしたでしょうか。メールのポイントというテーマでしたが、結論は「あまりメールはしない」ことが重要です。メールはいつでも相手と繋がれるので、ついつい頼りがちになってしまいますが、関係が薄い内はメールを送ることによるリスクの方が高いです。メールはデートの約束をするためのツールであって、それ以上の深い関係になるには会うことが重要!その意識を持って、メールを有効活用していきましょう!

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

Facebook

Twitter