menu

婚活のホンネ

お見合い後のデート☆3回目のデートの心構え

お見合いの後、3回目のデートが運命の分かれ道、と言われているのをあなたはご存知ですか?3回目のデートのポイントをみてみましょう。

3回目のデートで確認することは?

1回目は人として、2回目は異性として付き合える人かをみられている、と言います。それでは、3回目のデートではどんなことを話せば良いのでしょうか?

やはり、お見合いをしているので、お互い結婚前提となります。結婚はやはり、家同士の付き合いになりますので、本人同士の相性の他に確認しておかなければいけないこともあります。

結婚後、仕事を続けるか?転勤がある仕事なのか?子供は?家事の分担は?ご両親の健康状態は?ご両親の介護についてどう考えているか?など、あげだしたらきりがありません。

 

勿論、これらで質問攻めにしてしまったら、相手がうんざりしてしまいます。会話の中で、タイミングをみながら話すようにしましょう。

逆にお相手も同じような話が気になっているなので、家族の話題などをしながら、自分の考えを述べていくと良いですね。自分が話すと、相手にも聞きやすいですよ。

shutterstock_302066228

 

3回目のデートはどこに行く?

今までよりも、より長い時間を一緒に過ごしてみましょう。もう2回は会っている訳です。多少のぎこちなさはあっても、気を使って疲れてしまうような関係であれば、これから努力しても、うまくいかない可能性が高いです。

ドライブに行ってみる、ショッピングの後、映画を見て夕飯を食べる、など、長い時間を過ごしていると、計画通りにいかないことも出てきます。その時に相手がどう対応するのかをみて、評価が上がったり下がったりします。

是非、3回目のデートでは半日以上は一緒にいることを心がけましょう。自分もお相手にみられていることを忘れずに。

 

3回目のデートで告白する?!

いろんなカップルがいますので、一概には言えませんが、3回目のデートで告白する人や、逆にお断りする人が多いようです。お見合いは結婚を前提に考えていますので、お断りするなら早い方が、という気持ちもあります。

もし、お断りするのであれば、早い方が良いので3回目までにはお断りするのが良いでしょう。3回会って迷っているようであれば、将来をともにしていくのは難しいと言えます。

逆にこの後も交際を続けたい、という場合は、はっきりその意思を伝えよう!と3回目のデートにのぞむ場合もあります。男性側から話をすることが多いかもしれませんが、まだ、相手の女性は他の男性ともデートをしているかもしれません。自分だけとのお付き合いにして欲しい、そのような気持ちを言葉で伝える人が多いようです。

 

もし、お相手からの好意を感じている場合は、どのように返事をするか、考えておきましょう。受ける、断る、と結論がはっきりしている場合は良いですが、迷っている場合はどこが問題なのか、デート中に確認したいポイントは何かを事前に明確にしておきましょう。

もし、それで気になるポイントが解消されないのであれば、それはそのお相手とは、残念ですがご縁がなかったのかもしれません。悪い所が見つからないけれど、どうしても手をつなぐ気にならない、なんていう場合も同様です。生理的なものは理屈では説明できないものです。

shutterstock_196018028

 

3回目のデートは今後のお付き合いを左右するポイントだと思っている人も多いですが、それぞれの付き合い方があります。必ずしも3回目にこだわる必要はありませんが、何となくダラダラとお付き合いを続けずに、うまくいかないようであれば次の人を見つけ、うまくいくようであれば、他の方をお断りして、相手の方に向き合っていきましょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

Facebook