menu

婚活のホンネ

婚活バスツアーの感想 ~メリット・デメリットを検証してみました~

婚活バスツアーの感想・メリット・デメリット

あなたは婚活バスツアーに参加したことがありますか?誰でも初めて参加する時は、勇気が必要ですよね。しかし婚活バスツアーは婚活パーティと一体何か違うのでしょうか?また、一人で参加しても大丈夫なのでしょうか?参加者の感想から、婚活バスツアーがあなたに合ったものなのかどうか検証してみましょう。

 

婚活バスツアーの特徴

婚活バスツアーとは、名前の通り、婚活パーティのバスツアー版です。結婚したい男女が一緒にバスツアーに行き、結婚する相手を見つけます。婚活パーティとの違いで明らかなのは時間が長いことです。

集合時間は朝早い時間であることが多く、受付を済ませてから自己紹介の時間があり、その後バスに乗り込みます。(バスに乗車して自己紹介タイムというケースもあります。)バスで観光地や有名スポットなどを巡り、少し長めのフリータイム。そしてツアーの最後に投票カードを記入し、カップリングが発表されます。何よりも一緒にいる時間が長いことで、お互いのことを知る時間が多く取れます。また一緒に行動することで共通の話題が増え、飾らない姿で接することができ、緊張しやすい人も少しずつ本来の姿を出せるようになる人も多いそうです。良くも悪くもパーティより自然体でいられるということですね。

このように観光ツアーと婚活の要素をミックスさせた形式であるため、婚活としては長い時間を一緒に過ごせること、観光やイベントなどを一緒に体験することで連帯感が生まれやすいということなどがメリットとして挙げられます。また、婚活バスツアーの代金は婚活パーティより高いため、参加者の本気度が高いのも大きな特徴と言えるかも知れません。

一方で隣に座った人がタイプの人ではなかったり、少し嫌な気分になるようなことがあったりすると、逆に時間の長さがマイナスに作用します。バスツアーですから、途中で帰ることもできず、ほぼ一日、言ってみれば半強制的に婚活バスツアーに参加しなければならない、といった側面もあります。最初のバスの移動のときに乗り物酔いをしないよう、くれぐれも酔い止めは持参しましょう。

 

婚活バスツアーの感想

それでは、婚活バスツアー参加者の具体的な感想をご紹介します。婚活バスツアーでどうしたら成功するのか、検証してみましょう。

【Aさん:40代女性】

こちらの女性は婚活バスツアーで芋掘り体験からマザー牧場へ行ったそうです。

「普通のバスツアーとしてでも十分に楽しめる内容でした。各体験を通じて、周囲の人とはそこそこ仲良くなれたけれど、積極的に話さないと婚活バスツアーである、ということを忘れてしまいます。カップルにはなれましたが、時間も遅かったので連絡先を交換しただけでその日は別れたのですが、結局そのままフェイドアウトしてしちゃいました。」

せっかくカップルになれたのに、もったいないですね。今回のように帰りが遅い場合は仕方ありませんが、カップルになれた時はできるだけそのまま一緒に食事などに行った方が良いようです。

婚活バスツアーでカップルになったら食事に行きましょう

【Bさん:30代男性】

行き先は書いてありませんでしたが、冷静に婚活バスツアーの参加者を分析しています。

「回転寿司状態のアピールタイムが慌ただしすぎました。参加費と女性のかわいさは反比例だと感じました。婚活バスツアーは費用が高めなので、綺麗でかわいい女性は少ない気がします。でも他人の幸せを邪魔しても仕方ないですし、気になる人がいなかったので最後の投票カードは白紙で提出しました。」

なかなか厳しいコメントです。同意できるようなしたくないような…。

 

【Cさん:20代女性】

京都で宝山寺などのお寺と夜景を巡るツアーに参加したようです。

「婚活バスツアーでは隣に座る方と長い時間話すので、誰が座るか大事と聞いていましたが、参加人数の関係でお隣は女性でした…。自由時間にお寺の境内を散策しましたが、まだ打ち解けていないのか、同性同士で行動する人が多くもったいないと思いました。こういうときにこそ積極性が大事ですね。帰りに隣に座った方は楽しい方で、アプローチカードをもらいました!」

やはり隣の席に誰が座るのかは、婚活バスツアーでカップルになれるかどうかに大きく関わってくるんですね。

隣の席に誰が座るのかは、婚活バスツアーでカップルになれるかどうかに大きく関わってくる

 

この3人の方を始めとして、婚活バスツアーでは積極性が重要であるということはよく書かれています。特に女性はお友達と参加する人が多いようです。積極的に声をかけるために友達と参加するなら良いですが、一人になりたくないから友達と参加するのであれば、婚活バスツアーの意味がないのでやめておいた方が良いかも知れません。一人でも多くの異性に話しかけましょうね。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

Facebook

Twitter