menu

婚活のホンネ

婚活☆初デート前に押さえるべき5つのチェックポイント

婚活中に、合コンやお見合いパーティー、結婚相談所などで、素敵な相手と出会った後、初デートの約束をとりつけてドキドキしている方もいらっしゃると思います。初デートは、誰でも緊張や不安があるものです。婚活では、初デートがとても重要であり、初デートで相手と次の展開が決まると言ってもいいくらいでしょう。

初デートで印象が悪いと、2回目のデートや、その後、結婚に進むことはできません。そのために、しっかりと準備が必要です。では、相手に好印象をもってもらい、次の展開につなげるためには、一体どうしたら良いのでしょうか?今回は、初デートで相手に好印象をもってもらうために、デートの前に押えるべき5つのチェックポイントをご紹介しますね。

 

会う前のポイント

shutterstock_253809937

・みだしなみ(髪の毛、靴の汚れ、ムダ毛、鼻毛)

身だしなみは非常に大事です。髪の毛は、ブローしましょう。決してボサボサの髪形でいってはいけません。鼻毛などのムダ毛は、100年の恋も冷めるといわれているので、必ず、鼻毛がでていないか、鏡をみて入念にチェックしましょう。”お洒落は足元から”といわれているように、靴が汚れてしまっていては、気持ちも冷めてしまうので、靴の汚れ、余裕があれば匂いもチェックしましょう。

・匂い(たばこの匂い、きつすぎない香水、口臭)

人は、匂いに敏感です。デートの前日には、ニンニクなどの匂いが強いものは避けるようにしましょう。デートの当日も、食後にはブレスケアをしましょう。香水でいい香りをさせることも重要ですが、きつすぎる香水は逆効果なので、つけすぎに注意しましょう。

・約束時間10分前には到着する事。

時間にルーズな人は、あまり好まれません。遅刻をして相手に不快な思いをさせると、その日一日が台無しです。デート当日は余裕をもって、待ち合わせ場所までいきましょう。

 

会った瞬間からデートでのポイント

shutterstock_173503775

デートにおいて第一印象というのはかなり大事なポイントになります。第一印象で「デートを楽しみにしていたよ!」と態度や雰囲気で伝えることが相手に好意を持ってもらう上で重要な要素になります。言葉で「楽しみ!」と言っていても、態度が楽しそうでなければ台無しです!デートをうまくいかせるにはまず、会った瞬間の印象を意識しておきましょう。

・笑顔、目を見て自然なごあいさつ

笑顔なが素敵な人は異性からも同性からも愛されます。笑顔な人と一緒にいるとストレスを感じにくい、とも言われているほどで相手に素敵な笑顔を向けてあげることで相手も自然に笑顔になってくれますよ!「デートを楽しみにしていた」ということを笑顔で伝えてみましょう。

・相手とのペースを気にかける

異性とのデートの時は、相手のペースを気にかけるようにしましょう。例えば、歩くペースや会話のペース、食べるペースなどです。というのもこのペースが合う、合わないこそが「あ、この人は自分と気が合うかも!?」と思えるポイントだからです。もし相手の男性と付き合ってもいいかも、結婚してもいいかも、と思えるのであれば意識してペースを合わせましょう!また、相手と同じ動作を繰り返すミラーリングというテクニックもあります。こういったテクニックで相手に「この人いいな」と思われる女性になりましょう。

お金の支払いのポイント

shutterstock_125643584

デートの食事の後に奢りなのか、それとも割り勘にするのか?ということは恋愛をする上で常に付きまとう問題でもあります。このお金のやりとりがスマートなら、お互いの雰囲気もよくなって二回目以降もデートに誘われることが多いですよ。逆に、ここで気をつけるべきなのは、「この人ないな」と思われる対応をすることがで、付き合える可能性も一気になくなってしまうことがありますのでご注意を。では、どういうことに気をつけていけばいいのでしょうか?

・「ここは僕が支払うよ」と言われたら「ありがとう。ごちそうさま。次は支払いますね」と一言添えて、お礼を言う。

・「わたし半分、出しますよ」と財布を出してみた時に「割り勘がイイ?じゃあ、そうしようか、ありがとう」と言う人もいるし「いいよいいよ、大丈夫、僕が払います」と気を利かせてくれる人もいます。柔軟に考えてください。

・「割り勘にしてくださいね」ときっちり考えることが好きな女性もいます。笑顔で「わかりました!」とスムーズな会話の流れになれば、それでいいですね。男性が無理に奢らなくてもイイのです。奢られると、嬉しいし助かるけれど「奢ってもらったから…」と思って、誘いを断りにくいこともあります。

お金の支払いのポイントで 重要なのは、そこの場所の支払い額にあまり、損得のこだわりを持たないことです。相手のことばや、ふるまいに気遣いがあるか、遠慮あるか、優しさがあるか、不快感がないかを、ポイントにしてみましょう。たとえば、最初はフェアに判断したいから、1回目は割り勘にするけど、2回目からは全部、ご馳走してくれるような男性もいるかもしれない。また、最初だから、たまたま仕方なくおごったけど、次からは、きっちり1円まで割り勘が当然、と言う感覚の男性もいるかもしれない。相手が、どんな考えの人か、1回ではわかりません。

 

感覚値のポイント

shutterstock_244924198

婚活の、初デートでは「不快感がないかどうか?」この感覚値が一番重要です!

「遅刻をしたのに謝らなかった人」に対して、不快に思うか許せるか、そこの価値基準は人によって違います。「おつりを受け取った時に、1円まで割り勘にする人もいれば、全部あなたに渡す人もいます、ささいな、ちょっとしたことに「不快感」があるのか、許せる範囲なのか、楽しめるのか、感覚が合うのかどうか?そこは、あなた自身の気持ちに正直になってください。たとえばもし、あなたやお店の人が誤って水をこぼしたとする。その時に、どんな態度をとる人だったか?あの態度は「絶対に、ありえない」「この人無理」と感じたなら、お断りした方がイイ。もっとこの人を知りたい、可もなく不可もない、という場合は、もう一度会う約束をしてもイイですね。

同じ人と最低三回くらいは会った方が、しっかり相手が見えてくるものです。一回会っただけで「結婚」を意識できないし、その段階で軽々しい判断はしないこと。あなた自身も緊張していると、自分らしさがなかなか出せていないはずです。

 

会話のポイント

 

自分の事について何か一つ、じっくりと語ったら、興味を持って相手の事を1つか2つ、軽く聞くききましょう。

「ぼくは海釣りが好きなんですよ、休日は釣りに出かけることが多いいかな、銚子や御宿にもいい釣り場があって先週も一人で出かけたんですけどね・・・。〇さんは、ドライブは好き?魚とか、海鮮丼は良く食べる?」とか・・。

「学生の頃は部活でクラリネットをやっていてオーケストラを聞きに行くのが趣味なんです。オペラやクラシックも好き。でもポップスも良く聞くんです。大学の時友達と嵐のコンサートなんかも行ったりね、△さんは、どんな音楽を聞くのが好き?学生の頃は、どんな部活に入っていたの?・・」

自分をオープンに知ってもらう、それから、相手の好みや興味があるものを、興味を持って聞く。相手が楽しそうに話しだしたら、「うん、うん!そうなんだ!」と楽しそうに、言葉をさえぎらないように、笑顔で聞き役に回るといいです。興味を持ってくれている、お互いが、そう感じることが次のデートにつながるコツです。帰り際に、もし、また会いたい、次のデートにつなげたいと思った時、ここで聞き出した相手の趣味に合わせて、お誘いを提案しやなります。

「誰でもいい、なんとかして、結婚しなきゃ」と言う気持ちで、状況を進めないこと。そして、次につなげたいなら、短文の「ありがとうメール」で決まります。「楽しかった!」のひとことを添えましょう。このようにデートだけでも意識することがたくさんですが、1つ1つ丁寧にこなしていくことがデートから交際まで発展させる上で大事なことですよ。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

Facebook