menu

婚活のホンネ

プロポーズは、いつ頃がいい?お見合いの場合のベストタイミングとは?

お見合いのプロポーズは、いつ頃が正解?早すぎる場合?遅すぎるケース?タイミングは?そんな通例を気にしがちです。

普通の恋愛よりも、お互い、結婚を前提に知り合う婚活やいお見合いの場合、思った以上のスピード感で、とんとん拍子に結婚まで進んでも、おかしくはありません。
プロポーズまで、3か月かからなかったという人も、半年という人もいます。

何度目かのデートで、ご両親と会う機会をつくった人の場合などでは、男性側のお母様に気に入られたために、ご両親側からの後押しもあって、お話の流れも驚くほど早く進んだそうです。幸運の流れに乗ってしまいましょう。

 

プロポーズのサポートはあり?

shutterstock_214591327

婚活と言っても色々な方法があります。
婚活パーティやツアー、また、結婚相談所の機械なマッチングの出会いであれば、知り合って、そこから先は、自由恋愛になるパターンがほとんどです。

一方で、婚活といっても、中にはプロポーズのタイミングや、お相手の気持ちの確認なども、都度つど、しっかり仲介者が聞き取りしながら、意思確認をかねてお話を進めてくれるフルサポート型の婚活もあります。

もし、個別のサポートをしてくれる仲介者がいない状況で、カップリングができて、婚活が、進んでいるのであれば、プロポーズするタイミングや、出会ってからの期間など気にせずに、率直な意思表示を、どんどんしていいと思います。アツい気持を、最優先して進みましょう。

わざわざ指輪を準備する必要はありません。「結婚してほしい」という意志を、まず言葉で、しっかり伝える。シチュエーションを考えて、ステキな時間を演出するのもイイですが、「誠実さ・まっすぐな気持ち」をまず届けましょう。

お相手に、きちんとOKをもらってから「ぜひ、次回は、指輪を一緒に見にきましょう」という流れでも大丈夫です。どんなシーンで、その指輪を渡そうかなど、楽しい記念日を二人で増やしていくのもステキな事です。

プロポーズしやすい雰囲気をつくる

shutterstock_314701430

いま、もし、お見合い相手と順調にデートを重ねているのであれば、そして、特に女性サイドが前向きで、結婚してもイイという気持ちでいるのなら、「結婚の意志がある」ということを、それとな~く日常会話の中で伝えておくと、男性側が、はっきりしたアプローチを思い切って言いだしやすくなりますね。

男性側も、ヒヤヒヤしているのです、断られれば凹みます。だから怖くて言いだせない、そんな断られるリスクが「ない」ということを、ポロりと雑談の中で、女性側から伝えてもらえると、プロポーズしやすくなりますし、イイ流れが作れますよ。
実際は、気持ちがあっても、怖くてなかなかはっきりプロポーズできないない、という男性も多いからです。

女性からプロポーズしているカップルも、今は、少なくありません。自分の意志をしっかり持ってオープンハートで付き合っている人は、男性女性の区別なく、カッコいい在り方を自信を持ってしています。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

Facebook

Twitter