menu

婚活のホンネ

同棲にかかる費用っていくら?相場やお金の分担を検証!

同棲にかかる費用っていくら?相場やお金の分担を検証!

同棲をはじめるには初期費用が必要です。物件探しや引越し、家具や家電も揃えなくてはなりません。家賃や光熱費などを把握し、残ったお金は貯金するといいでしょう。お金の分担についてもどちらが何をどのくらい負担するのか、同棲前にしっかりと話し合いましょう。お金のトラブルで同棲解消となっては元も子もありません。

 

引っ越し代

引っ越し代

同棲をはじめるためには、まず住居へ引っ越す「引っ越し代」が必要になります。

 

新しい住居に住む場合

引っ越しする地域によりますが、都内で業者に引っ越しを依頼する場合、2人の引っ越しで10万~15万円が必要になります。また、引っ越し代に加えて、不動産屋に支払う敷金や礼金なども必要になります。

 

どちらかの家に同棲する場合

都内の引っ越しであれば、業者に依頼しても5万円前後で引っ越しが可能です。また、荷物の量によっては、大き目の車をレンタルすることで自分で引っ越しできます。費用がレンタカー代のみになるので、安く引っ越せます。 いずれの場合も引っ越しのシーズンを外れていると、少し安く済むので、コストを抑えたい場合は、引っ越す時期も検討事項に含めましょう。 引越し専門会社に依頼すると、単身引越しの平均料金は3万~6万円(※)。これは、一人暮らしの場合、2トントラックと作業員2人程度と見積もられることが多いためと考えられる。

 

家電系に必要な費用

家電系に必要な費用

2人で新しい住居に引っ越す場合、生活をする上で様々な家電が必要になります。生活に必要な家電にはどの様なものがあるでしょうか?

 

冷蔵庫

特に夏場の引っ越しには冷蔵庫は必須です。2人暮らしであれば、400リットル以上の大き目のサイズがおすすめです。新品の相場は10万~15万円となっています。

 

洗濯機

2人で生活していると、洗濯物の量は2倍に。洗濯機は7kg以上入るタイプがオススメ。2万~5万円が相場となっています。

 

炊飯器

毎日の食事で欠かせないのが炊飯器。3合炊きでも十分ですが、大目に炊いて冷凍保存や作り置きしたい場合には5合炊きがオススメです。炊飯器の機能によって価格が変動しますが1万5千円前後が相場になっています。

その他にも、電子レンジや掃除機、テレビ、空気清浄器など、様々な家電が必要です。2人で購入する優先順位を相談して、少しずつ充実させていきましょう。

冷蔵庫 ⇒400~リットルの大きめサイズが人気

洗濯機 ⇒7kg以上が人気。一人の時より倍以上に感じるという洗濯物。こちらも大きめのサイズが人気です。

炊飯器⇒五合炊きが人気

 

家具系に必要な費用

家具系に必要な費用

続いて、同棲に必要な家具とその費用をご紹介していきます。

 

ベッド

二人の寝室に置くベッドは、セミダブル以上のサイズが必要です。フレームやマットレス、描け布団等、全てのセットを揃える場合には、3万5千円以上が相場となっています。

 

カーテン

カーテンは昼夜の明るさを調整したり、2人のプライバシーを守るために必要なアイテム。部屋の雰囲気や季節に応じてカーテンのタイプを選びましょう。大き目のオーダーカーテンの場合は。5万円前後が一般的な相場になっています。

 

カラーボックス等の収納棚

2人の荷物を整理するための収納棚は、毎日の生活にマスト。サイズやデザイン、材質などのバリエーションが広く、価格も何千円単位で購入できるものから、数万円するものまで、さまざまです。

また、タオル掛けやシャンプー台、調味料入れなど、細かい雑貨も必要になるので、お部屋の雰囲気やテイストが決まったら購入を検討していきましょう。 一人分では狭くなる布団と、部屋の大きさに合ったサイズの物が必要なカーテン・収納関係を新たに購入するカップルが多いようです。

 

2人に必要な食費

2人に必要な食費

2人で同棲する場合、1か月の食費は3万円程度が相場になっています。二人との会社勤めの場合は、お昼にお弁当やおにぎり等の主食を持参するだけで、食費を抑えられるので、節約したいカップルは実践してみましょう。

また、食費だけでなく、電気やガス、水道代などの光熱費も同棲には必要です。光熱費は季節にもよりますが、1か月で1万5千円程度が相場です。 その他、携帯代やインターネットに必要な費用なども月々必要になるので、毎月必要な費用に関しては、必要に応じてプランの見直してみましょう。 光熱費や食費はそれぞれで暮らすより二人暮らしでやりくりした方が節約ができます。

食費30000円

 

お金の分担方法

お金の分担方法

今まで同棲に必要な費用を紹介してきましたが、2人でどのように分担してお金を支払うのでしょうか? 共働きの場合は、支出を5対5で半分ずつ分担して支払うのが一般的です。また、共働きで月々もらう給料に差がある場合は、予め2人で「どの費用をどちらがどれだけ支払うか」を決めておく場合もあります。 結婚を現実的に考えている場合であれば、将来のために貯金する額や割合なども決めておくと良いでしょう。

二人とも働いていて同じくらいの収入がある場合は、完全に折半するのが無難です。お金のトラブルで揉めにくいのでオススメです。 お給料に差がある場合は負担の割合を少し変えるなど、二人でよく話し合いましょう。 払う額が少ない方がその分家事を多くしたり、お互いが納得のいく分担がベストですね。 同棲生活には楽しさと実生活の両面があります。

二人暮らしをはじめるにあたっては、お互いがいつも以上にコミュニケーションをとることが何よりも大切です。ふたりの信頼関係が深まる絶好のチャンスでもあります。後々トラブルにならないよう、お金のこともしっかり話し合いながら、ふたりにとってベストな生活環境を手に入れましょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

Facebook