menu

婚活のホンネ

おひとりさまの老後はどうなるの?おひとり様にならないためには?

なかなか結婚できないし、男性と付き合えないし、このまま1人で年を取っていくのは嫌だなあ。おひとりさまの老後って、どうなるのかしら・・・?そんな不安がよぎることがありますか?実際のところ、お金の面で言えば、年金はあてになりません。そして、当然ですが、若いときほど、仕事はできなくなりますし再就職も難しい。そうなると、おひとりさま世帯にとって「充分な貯蓄」があるかどうかと言う点が、老後の明暗を分けるのかもしれません。たとえば、経済的な不安があると、食費や生活費を節約せざるをえません。とはいえ、もし、世知辛い生活を、延々と続ける必要があるのであれば、当然、ストレスもたまります。充分な栄養が取れないとか、あるいは充分な医療が受けられないかもしれません。心労もかさみますね。ということで結婚できないままおひとりさまを迎えた場合はどうなるのか?またそうならないために何ができるのか、をご紹介いたします。

 

おひとり様ので一番困るのは金銭面・・・

shutterstock_273003446

金銭面でいうと、今の日本に老後の生活の補助を期待することはできません。だからこそ、今から精いっぱい、貯蓄に回せるお金を確保することが重要になります。実は、結婚している既婚者世帯は、日本の家族制度、結婚制度によって、守られているのです。配偶者控除や所得控除、扶養控除というかたちで、様々な税制措置の恩恵を受けることができるのが、日本の結婚制度なのです。一方で、おひとりさま世帯には、そのような優遇措置がありません。若い時期からずーっと本来の税率そのままに、一切なんの控除も受けられないまま、高い市民税、所得税を、毎年毎年、支払う義務を負っています。医療費や介護費用などの社会控除の面でも、既婚者世帯と比較すると優遇措置の少ない「おひとりさま世帯」の老後は、貯蓄に回せる預金率も低くなります。

若い時期から独身者世帯には、家族の社会保険料などの控除分が無いので、既婚者世帯よりも、所得税や市民税をしっかり徴収されています。たとえば、同じ給料、同じ収入のAさんと、Bさんがいるとします。でも、支払っている税金は、既婚者であるAさんほうが、簡単に言えば、安いのです。扶養家族がいる場合、妻や子供の所得税控除分があるからです。毎年、独身のBさんのほうが実質的には、所得税を多く支払い続けていくのです。

税制的面で不利な条件のまま、歳を重ねていかざるをえないおひとりさま世帯は、その分、税金や社会保険料が、家計を圧迫しがちで、貯蓄率が低くなりがちなのです。だからこそ、おひとりさま世帯は、健康と貯蓄を重視しなければなりません。知識や情報をしっかり収集しましょう。市区町村によって、さまざまな制度が違います。生涯、独りきりで奮闘努力すべきところは、一人で頑張らなくてはなりません。日本と言う国の福祉制度や税金対策などについては、しっかり熟知して、損をしないように暮らしたいですよね。

 

おひとり様にならないためにできることは?

彼氏,結婚,してくれない

おひとり様にならないためにできることは、やはりパートナーを見つけるための努力を惜しまないことです。結婚しようと意識しすぎると、結婚はできない、と言われることもありますが、結婚するためにできる努力というのは積み重ねていきましょう。では、どんなことができるのか見ていきましょう。

・異性との出会いを増やしていく

結婚や異性と付き合うためにできることの最も基本的なことは、やはり「出会いを増やす」ということに尽きます。パートナーが見つからない、恋人ができないと嘆く方のほとんどに当てはまるのが「出会いの少なさ」です。なんだかんだで出会いを増やしていけば、気の合う異性はいるもので恋人ができる確率も減ってきます。今では、街コンや婚活パーティー、お見合い、婚活バーなどいろんなところで恋愛を後押ししてくれるので、参加してみるのもいいかもしれませんよ!意外に1人参加の方もいますし、何と言っても女性は安いのでオススメです!

・自分自身の魅力を上げていく

やはり魅力的な女性は男性からも選ばれる確率というのは高くなってきます。そのため、恋人ができないことを嘆く暇があれば、少しでも肌をきれいにしようと頑張ったり、自分の趣味を充実させたり、前向きになるよう意識したり、笑顔を増やしたり、とやってみるといいでしょう。人は自分と似た人をパートナーに選ぶ傾向にあるので、自分自身の魅力を上げていくことによって相手のパートナーの魅力も上がるので、是非、毎日の自分の生活から変えていきましょう。

・NOばかり言わず、YESと言ってみる

なかなか異性と付き合えない女性の特徴は、男性と付き合わない理由ばかり探している傾向にあります。「なんか性格合わないし。」「ちょっと収入少ないかな。」「チャラそうだし。」こんな理由を並べることによって、実はチャンスをたくさん逃しているわけですね。こういったマイナスのことを考えず、とにかく思い切ってその男性に飛び込んでみるのも大事なことです。だって、失敗しても失うものなんて実は少ないんですから。少しの勇気を持つだけで、道はひらけたりするものです!

 

ということで今回が、おひとりさまの老後についてご紹介していきました。いかがでしたか?おひとり様で老後を迎えてしまうと経済的にも大変ですし、何より寂しいですよね。それが嫌なのであれば、先ほどいった、今からできることを実践してみるのもいいでしょう。自分の将来のために婚活をするのも全く悪いことではないのですよ。それに多くの人が出会いがなくて困っているから、婚活ブームになっているわけで、まだまだ諦めるには早すぎますよ!素敵なパートナーと出会えることを祈っています。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

Facebook