menu

婚活のホンネ

結婚できないと不安になる気持ちを解消する3つの方法

結婚できないと不安になる

「私、このまま結婚できなかったらどうしよう…」仲良さげに手を繋ぐカップルとすれ違うと、未だ独身の身である自分の将来が不安になってしまいますよね。中には「もう結婚なんてできなくてもいい!」と自暴自棄な考え方をしてしまう人もいるかもしれません。しかし、好きでもない人と結婚しても辛い未来が待っているだけです。

ここでは、結婚できない不安を解消する方法を3つご紹介します。焦りから自分を見失っている人は、是非不安で辛い毎日の生活に取り入れてみて下さい。

 

他人の意見は真に受けない

他人の意見は真に受けない

結婚できるか不安に思ってしまう原因として、親や周りの人からのプレッシャーが挙げられます。特に「○歳までに結婚しなければ一生無理」といった極端な情報は、より自分が持つ焦りを助長させるものとなるでしょう。しかし結婚への不安を解消したいのなら、他人の意見は決して真に受けないこと。

そんな情報には確実な根拠がありません。実際、世の中には4050歳を過ぎてから結婚する人だっています。その人がプレッシャーを与えてくるのは正しい情報を与えようとしているのではなく、ただ頭に浮かんだことを述べているだけ。多くのそういった意見は責任のない言葉ですので、深刻に考えない方が精神的に楽でいられますよ。

 

焦って結婚した場合のデメリットについて調べる

 焦って結婚した場合のデメリットについて調べる

自分が結婚できないかもしれないと思っている時は、結婚の良い面ばかりを見つめすぎています。よって、不安を感じた時には焦って籍を入れた場合のデメリットについて調べてみましょう。他人と夫婦になる結婚。当然、待っているのは良いことばかりじゃありません。その相手が心から愛しているわけでもなく、妥協で選んだ相手ならなおさらのこと、2人には冷え切った夫婦生活が待っていることでしょう。

焦りから結婚した場合のデメリットについて知ることで、不安でいっぱいだった頭を冷やすことができます。結婚に対する憧れを少しでも抑えることができれば、少なくとも心配になる気持ちは落ち着いてくるでしょう。

 

現在の幸せを見つめる

現在の幸せを見つめる

こうして悩んだとしてもすぐに結婚できるわけではありません。将来について思いを馳せる前に、まずは今自分が幸せで過ごせるような気持ちの余裕を持ちましょう。未来は現在が少しずつ積み重なっていったものです。先のことを考えるのは悪いことではありませんが、それが不安であったなら自然と暗い顔になり、ますます結婚を遠ざけてしまいますよ。

幸せな気持ちでいる時間を増やすことで纏うオーラが明るくなり、より良い出会いを引き寄せる手助けとなります。自分が持っていないものよりも持っていることに目を向けて幸せを感じること。「結婚しても自分だけでも満足」という気持ちでいれば、自然と結婚に対する不安は薄れてくるものです。

 

今回ご紹介した方法はどれも簡単に実行できること。特に3番目の「現在の幸せを見つめる」という方法は、結婚以外の不安も和らげることができるためにおすすめです。不安や焦りで目の前が見えなくなると、せっかくの結婚に繋がるチャンスを逃してしまうこともあります。まずは結婚について過剰に意識することを辞めて、1つ1つの出会いを大切にするところから始めてみてはいかがでしょうか。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

Facebook

Twitter