menu

婚活のホンネ

彼氏が重い時の対処法!別れたいけど、悩む!どうする?重い彼氏の対処法!!

付き合っていると楽しことだけではありませんよね。付き合う期間が長くても短くても、相手によっては彼氏が重いと感じることも出てくる場合があります。彼氏が重いと感じる時ってどういう時なのか、また原因と対策についてご紹介します♪

 

彼氏が重い

最近、彼氏といても面白くない、彼氏のことを考えると重いなぁと感じてしまうことってありませんか。恋愛中ってワクワクしたりドキドキしたりということはだいたい最初の数ヶ月だけなのかもしれないですが、その先もこの人といて良かったと思ったり、いろいろなことを共感し合えて良かったと思うこともありますよね。それが、どんどん彼氏のことを考えると気持ちが沈んでしまったり、面倒になってしまったりすることもあるんですよね。

 

重い彼氏の特徴

shutterstock_206232721

束縛が激しい

束縛が激しい彼氏いは重いと思い別れの理由となります。
毎日引っ切り無しに連絡が来て居場所確認や愛の言葉を伝えてくるのは典型的な束縛彼氏です。彼女の全てを自分の管理下に置きたいと考えている彼氏は、彼女が彼氏の思い通りに動かない事に対して物凄い嫉妬や不安を抱えます。その嫉妬や不安は普通の人が思う以上のまさにこの世の終わりかの様な不安感を抱くので行動が異常に見られるのです。

彼女からしてみたら毎日監視されているような生活を強いられますので息も詰まりますし疲れてしまいます。すると、安らぎの場だった彼氏の存在が一切安らげない場となり別れを考えるのです。恋愛はお互いにある程度の依存関係がありますが、女性に依存しすぎる彼氏はもはや病的です。

 

干渉しすぎる

重い彼氏って、ひどく干渉してくることが多いと言われています。彼女の行動が一つ一つ気になって仕方がなく、ことある事に聞いてきたり、関わって来ようとします。毎回そのような行動を起こされると彼女としてはうんざりしてきますよね。

他の男友達と遊んだり、ましてやただ話をしただけでも、いちいちそういうのをやめてくれだの、話をするだなどと言ってくることもあります。酷い場合は、女友達についてもいちいち干渉してくることさえあるのです。そんなことがずっと続くと次第に重いと感じてくることが多いでしょう。

 

嫉妬深い

ちょっとのことでもすぐに嫉妬する彼氏も重いと言われますよね。例えば、携帯に男友達からメールが来たり、電話が来たことで、すぐに嫉妬する場合があります。最初のうちは、嬉しい!嫉妬してくれるんだ!と思いますが、これが段々と付き合いが長くなっていくうちに、小さなことで嫉妬してくる彼氏が重くなってきてしまいます。

異性に対して嫉妬するのはまだマシなのですが、これが行き過ぎると、自分以外の人全てが嫉妬の対象になってくる男性もいるのです。女友達と会いに行くだけでも、嫉妬してみたり、職場の仲間や同僚と飲みに行くだけでも嫉妬。これでは、息が詰まりますよね。

 

気持ちを何度も確認してくる

自分の気持ちを打ち明けるだけでなく、あなたの気持ちも確認したがることが増えます。「ずっと一緒にいたいね」「結婚しようと思うくらい好きだけど、君は?」という具合に何度も何度も確認しないといられなくなっているようです。毎日言われていると、その言葉が安っぽく感じられてきますね。

こんな風にご紹介すると男性が思う「重い女子」と同じですね。人は皆、自分の行動を干渉・束縛されると嫌な思いがするものです。相手を尊重する気持ちがあれば、重いと思われるような行動は少なくなるはずですが、行動を止められなくなってしまうのでしょう。そうなるとエスカレートしてトラブルの元にもなりかねません。そうならないように注意する事も大切です。重い彼氏の心理を考えて、上手く対処するように心がけましょう。

 

重たい彼氏の対処方法

shutterstock_350563409

はっきりと伝える

始めが肝心です。つい付き合い始めの頃は「そんなに私のことを思ってくれているんだ」と嬉しい気持ちが多かったかもしれませんが、嫌だなと思ったら「それは嬉しくない」と口にしましょう。キライなのではない「嬉しくない」「困る」「ちょっと迷惑」という言葉で軽く牽制してみましょう。「こういう事が続くと好きじゃなくなってしまう…」という風に今は好きだけれど…というのがポイントです。

いきなり嫌いという言葉をだしてしまうと、男性はプライドを傷つけられたような気がして逆上してしまうかもしれませんし、怒ってますますその行為が増えてくるかもしれません。なぜそんなことをするのか?と話を聞いてみて、彼が不安に思うことがあるのならそれを解決しながら、伝えるという方法もありますね。

 

彼氏を安心させてあげる

まず、相手には、自分も同じように好きだということをしっかり伝えてあげましょう。離れて会えない時でもちゃんとあなたのことを好きで、他の人に目移りはしないと安心させてあげることが大事です。メールやラインの回数が多すぎて困っているなら、そのたびに丁寧に返事をしてあげてください。できれば自分からも送ってあげることでさらに相手は安心します。
それをしばらくは面倒くさくても大変でもしてあげないと、付き合う間はずっとメールやラインに悩まされることになってしまいます。

しばらく続けていくうちにそのうちに相手も安心して、そんなに何度も一日に送らなくても相手は大丈夫なんだと確信して、回数が減って落ち着くはずです。そうなれば、自分に用事があって休日に一緒に居られなくても、プレゼントで気を引かなくても愛情でちゃんとつながっていられるという安心感に彼に自信もつくはずです。

 

連絡する頻度を決める

愛が重い彼氏の特徴として、1日のうちに何度も連絡をとろうとすることがよく挙げられますよね。しかし、すべてに対応するのは当然のかなりのストレスに。いずれ頻繁な連絡を強制されることに疲れ、別れ話に発展してしまうでしょう。

連絡を取りたがる彼氏には、言われるがままに応じてはいけません。1日のうちにやり取りするのは5回にするなど、怪我や病気などの緊急時を除いて、連絡をできる頻度を決めてしまいましょう。もしこれを破ってしまったら何日か連絡できなくなるペナルティをつけるなど、罰ゲームとなるものも設定して下さい。このように連絡する頻度を決めてしまうことで、彼氏の重い愛情をそのまま受け止めず、コントロールすることができます。頻繁に連絡を入れるとペナルティが増えていくのなら、しつこかった連絡も控えてくれるようになりますよ。

 

彼の前では他の男性の話をしない

愛が重すぎる彼氏の前で他の男性に関する話題は禁句。話に出てきた男性を気に入っているものだと誤解をされ、束縛などが悪化する可能性があります。

このような彼氏とうまくやっていくためには、極力相手に不安を与えないことが重要です。「自分はいずれ捨てられるんじゃないか」と心配しないように、彼の前で他の男性の話は控えましょう。もちろん他の男性を褒めるなんてことは厳禁。もし誰かのことを話題にするなら、登場人物は同性か家族に止めること。たとえ芸能人だとしても、なるべく男性の話は避けた方が無難でしょう。話題に男性を登場させないことは、彼に「他に気に入っている男性はいない」という安心感を与えます。こうして話題に出す人物を調整するだけでも、彼の重すぎる愛情には変化が訪れますよ。

 

いかがでしょうか?愛情とは適度だから心地よいのであって、重すぎる愛は逆に負担となってしまいます。彼からの「好きです」という感情が強いと感じた時は、今回ご紹介した方法を実践してみて下さい。きっと良い変化が起こるはずです。恋人関係は、片方が強すぎる愛情を押し付けても継続するものではありません。重いと感じたなら我慢はせずに、できることから対処をしていきましょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

Facebook