menu

婚活のホンネ

結婚で失敗しないために!結婚して後悔してしまう原因は?

デメリットからマンネリが生まれる

この人となら幸せな家庭を築けると思い結婚したのになぜか結婚後後悔してしまうことってよくありますよね。一時的なものならいいのですが、ドンドン後悔の念が強くなり後に離婚するケースやうつ病になってしまう場合も・・・。結婚後に後悔する原因とは何か?また結婚前に確認しておいたほうがいいことなどを紹介します。

 

自分のために使えるお金・時間が減ったから

結婚前と結婚後ではお金においても時間においても、独身時代に比べて自分のために使える分がぐんと減ります。仲の良い友人たちと奮発して海外旅行に行ったり、夜遅くまで女子会をする・男同士で飲むといったことはなかなか出来なくなってしまいます。日頃のストレス解消に旅行や友人との時間を大切にしているアクティブな人ほど、こうしたギャップに堪えてしまいます。

また何かをコレクションしたり、イベントに行ったりと労力とお金がかかる趣味を持っている人も、趣味にかけることのできる時間やお金の減少にストレスを感じることでしょう。「独身の頃はあんなに自由だったのに…」と思ってしまうのです。

 

もう恋愛することが出来ないから

shutterstock_342091748

恋人とは違い、夫婦という関係は法律によって守られています。不倫といった選択肢もありますが多大なリスクを伴いますし、結婚している限り新たな恋愛はもう出来ないといえます。しかし生きていると意図せずともドストライクの異性と出会ってしまうことがあります。独身だったら恋愛ゲームに参加する資格がありますが、結婚している以上諦めるほかありません。そんな時パートナーの欠点を見てしまうと「この人でよかったのだろうか…」「急ぎすぎた」「相手を間違えた」などと思ってしまうものなのです。

 

パートナーとの関係性が変わってしまったから

結婚は日常です。毎日一緒にいられる代わりに愛する人との時間が特別なものという意識が薄れてきてしまいます。恋人同士のようなロマンチックなムードだったり、甘い愛の言葉がなくなってしまうのケースも珍しくはありません。しかし結婚を恋愛の延長としてとらえていたり、結婚しても恋人同士のような関係性を期待していた場合このような関係性の変化に落ち込んでしまうことでしょう。「結婚する前はあんなにラブラブだったのに…」と後悔してしまうのです。

 

パートナーの欠点が目に付くようになったから

結婚すると、衣食住からお金のやりくりまで二人で決めていくことがぐんと増えます。また一緒にいる時間も増えていきます。すると、これまで見えてこなかったパートナーの新たな面が見えてくるのです。それが長所なら嬉しいのですが、人間には誰しも欠点がありますので、そうした望ましくない面が見えてしまった時後悔してしまいます。「結婚してから人が変わってしまった」という後悔かもしれませんし、「こんな面見たくなかった」という後悔かもしれません。

 

未婚の友達が多い

最近はTwitterやFacebookでで友人の近況を知ることができます。そこで未婚の友人が楽しく遊んでいる様子を見ると、家庭が中心になってしまった今の自分と比べて輝いてみえてしまいがちです。独身時代のようにフットワーク軽く遊びにいけなくて参加を断ることが多くなる・友人側が気を遣って誘うのを遠慮するようになるなど原因はさまざまですが、未婚の友人たちの集まりに自分がいないのを目にすると疎外感のようなものを感じてしまうこともあります。また未婚の友人と会っても結婚生活の不満など理解してもらえなかったりと、環境による価値観のズレも生じやすくなってしまいます。

 

1人でいたいときがあるから

男言葉が多い

疲れがたまっていたり、体調がすぐれなかったり、気分が落ち込んでしまったり…たまには一人でいたい時だってあるものです。しかし結婚して常にパートナーがそばにいると、なかなかそういった望みもかなえることができません。「一人にしてほしい」と何気なく伝えただけのつもりが、意図せずともパートナーを傷つけてしまうと思うと口に出しづらいですし、口に出さないとパートナーも察することができないかもしれません。こんな時、「結婚していなければ一人になれたのに…」、または「自分は結婚に向いていないかもしれない。結婚しなければよかった」といった後悔が生まれてしまうのです。

 

理想の結婚生活と違っていた

結婚に夢や希望を抱いていたのに、実際に結婚してみたら違ったといったケースです。愛にあふれた日々を思い描いていたのに、現実はお金のやりくり、仕事と家事の両立に追われてしまっているなど、あまりにも理想と離れていた場合「こんなはずじゃなかった…」という後悔が生まれてしまうようです。

 

結婚で後悔している女性に関わらず男性にも同じことが言えるのですが、特に女性の場合は感覚的に上書きしていく記憶がバラバラになっていて状況をうまく捉えきれないことがあります。結婚で後悔しているのなら、まず第一におすすめすることは旦那、もしくは奥様の嫌いな点を洗いざらい紙に書き出すことです。人は、紙に文字を書くことで脳にたまったマイナス面を引き出すことができます。つまり、結婚に後悔しているいま、すべてを書き出してください。書き出すうちに結婚に対する後悔が消えてしまうということが多々あります。かなり労力がいるので頭がリラックスしているときに実行ことをおすすめします。嫌な過去や、現実に生じているマイナス要素を思い返すのは辛いことですが、それらと本当に向き合ったとき、その想いはそこで止まるのです。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

Facebook