menu

婚活のホンネ

【必見】同棲から結婚までのちょうどいい期間はどのくらい?

同棲してからどのくらいで結婚するカップルが多いのかは気になるところです。期間を決めずに同棲をはじめてみたものの、タイミングを逃したせいで籍を入れないまま、同居を続けているうちに結婚の話自体が遠のき不安になったと、同棲あるあるですが……ほどよい同棲期間とはどのくらいなのか、結婚へのテンションをキープできる期間はどのくらいなのか、考えてみました。

 

結婚前の同棲のメリット

shutterstock_376390303

結婚後の生活が見える

結婚後、恋人同士には気づかなかった様々な違いが判明し、「こんなはずではなかった!」と悩むカップルは珍しくないようです。 多くは、そのギャップを克服するべふたりの生活を築いていくものですが、もし同棲していたならば、そのような苦労はしないで済んだのかもしれません。 同棲の一番のメリットは、結婚前に寝食を共にすることで、実際の結婚生活をリアルで体験できることでしょう。 シビアな見方をすれば、結婚してしまうと簡単に離婚できない様々な「しがらみ」が生じますが、同棲中に越えがたいギャップが判明した場合には別れてしまえば済みます。 具体的な結婚に向けた「予行練習」として、同棲にはメリットがあるといえるでしょう。

 

経済的に余裕がもてる

お互いに一人暮らしをするよりは、同棲をした方が、家賃も水道光熱費も、割安となるため、経済的にゆとりが持てるようになります。また、彼氏が生活費を多く負担してくれるような、男気あふれる男性だった場合、あなたの収入は、結婚資金などの貯金にまわすことも出来ますよね。また、二人とも実家暮らしだった場合には、ホテル代などもバカにならなかったのではないでしょうか。同棲をするなら、こうした支出もほとんどなくなります。

 

安心感がある

今まで、デートをするには、連絡して、待ち合わせをして…など、どうしても移動時間が必要だったはずです。しかし、毎日同じ家に帰るのであれば、こうした移動時間が節約出来ますし、その分、彼氏と長く一緒にいることが出来ますね。また、夜になってもお別れする必要がなく、大好きな彼氏と一緒に眠ることが出来るということは、女性にとっては、大きな安心感をもたらしてくれるかもしれません。

 

結婚前の同棲のデメリット

shutterstock_424330099

けじめがつけにくい

同棲生活とは、男性にとって、結婚をしていないのに、分担はするにしてもある程度家事をしてもらえたり、性欲を満たすことが出来たりと、意外と心地が良いものかもしれません。一方で、結婚をするという決断をすることは、男性は大きな責任を感じることですので、なかなか決断が出来ないことがあります。それでも結婚の決断をするのは、その女性と、いつも一緒にいたいとか、他の男性に取られたくないとか、家庭を作っていきたいとか、それなりの理由があるはずです。

ただ、同棲生活というのは、婚姻届という、紙一枚でありながら、とてつもなく責任を感じる書類にサインをすることなく、また相手側の親や親戚などのしがらみが増えることもなく、結婚の疑似体験が出来てしまうという状態です。そのため、男性としてはついつい、「今はまだこのままでも…」と、決断を先送りにしてしまう気持ちが出てきてしまう可能性があるのです。

 

短所が見えてしまう

人間という生き物は長所ではなく短所ばかりに目がいってしまうもの。ましてやその相手が自分の中で理想の相手に美化しすぎたものだとしたら尚更です。寝ながらおならをしてしまうこともあるかもしれません。朝起きたら髪もボサボサで眠気で目が開かず不細工な顔をしているかもしれません。そして育ってきた環境が違うということを意識するようになります。目玉焼きにはしょうゆをかけるのか、塩コショウだけなのか?お風呂に入浴剤を入れる派なのか、そうでないのか?そういうどうでもいい違いが大きなケンカとなってしまうんです。

 

三年以上同棲していたら・・・?

shutterstock_392973631

3年を過ぎてしまうと、結婚する意味を見いだせなくなってきたり、女性側の意見で、残念ながらダラダラ同棲すると同棲相手の男性に飽きられて、結婚どころか別れてしまう結果に陥りやすいという事もあります。また、長い期間一緒に暮らしていると、刺激が薄れ、退屈に感じてしまう錯覚に陥ることから、結婚が遠のいてしまうこともあるようです。

 

同棲からどんなタイミングで結婚?

同棲中は、できちゃった結婚が多いと推測できますが、理想は、あらかじめ期限を設けて、その期限内に目標金額を貯金できたタイミングです。例えば、同棲期間を2年にして、その間に150万円を貯金することを目標にして、2年後に150万円の貯金がある状態で、結婚するなどが理想です。仮に、期限内に目標金額を貯金でいなくても、「じゃあ貯金ができたら結婚しようか!」と、次の明確なタイミングができます。期限は1年~2年、目標金額は1年だと、100万円~150万円、2年では200万~300万円が理想です。

 

同棲する目的を明確に

なんとなく、いつも一緒にいたいから同棲を始めるなど、どちらかの家に転がり込むという形をとるよりも、お互い一人暮らしをしていたけれど、結婚資金を一緒に貯めるために同棲して家賃を節約する、といったような明確な目的を持ってスタートするほうがいいようです。また、「あと2年したら結婚しよう」というように、結婚を前提にして同棲をスタートするのもいいでしょう。こうしておかないと、いつまでもだらだら彼氏彼女のままで、結婚の話がいつまで経っても出ないという状況に。

同棲をするだけで満足してしまい、結婚が長引く可能性があります。スムーズに結婚まで繋げるために、同棲期間を決めるようにするといいでしょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

Facebook