menu

婚活のホンネ

【どうする?】結婚したいなら相手の男性は妥協すべき?

誰にでも結婚相手に求める理想像は心にあるもの。しかし婚活してもなかなか良い相手が見つからないと、自分の理想は高いのかと疑ってしまいますよね。すでに結婚を終えた女性の中には「結婚はある程度の妥協が必要」と話す人もいます。果たして、結婚相手したいのなら相手に妥協はすべきなのでしょうか?理想と現実の間でモヤモヤして婚活に支障が出ている人は、是非今回の記事を参考に考えてみて下さい。

 

結婚後の幸せを掴むために妥協はやってはいけないこと

shutterstock_291652679

結婚とは、一度してしまえばその相手と何十年も一緒にいることになります。だからこそ、自分が生涯添い遂げても耐えられる相手を選ばなければなりません。そういった意味では、結婚相手を「もうこの人でいいや」と適当に決めてしまうと、必ずいつか後悔すると言えるでしょう。所詮、妥協して決めた相手には結婚後に不満点しか見つからず、一緒にいることが苦痛になってしまうからです。よって、結婚したくても、相手の男性は妥協すべきではないという結論が出てきます。

 

どんなに愛した人でも結婚後は不満点が見えてくる

「理想通りでこの人なら一生愛することができる!」と迷うことなく選んだ男性も、完璧な人間ではありません。交際を重ねて時々会う関係から、夫婦として一緒に暮らすようになると様々な欠点が見えてくるもの。どれほど理想に近い人を選んでもこうなるのですから、妥協して選んだ相手が結婚後に欠点だらけに見えるのは当たり前のことなのです。ただ、心から愛して選んだ相手は多少悪い部分が見えても好きという気持ちがモチベーションとなり、離婚することなくずっと添い遂げることができます。妥協して結婚した相手にはそのモチベーションを生かすことができないため、すぐに顔を見るのも嫌になってしまうでしょう。

 

でもなかなか結婚できない場合はどうしたらいいのか

やり逃げする男性の見極めと対策

そうは言っても、常に高い理想を掲げていれば結婚相手が絞られるのは事実です。では、どうしたらいいのでしょうか。このような場合は、まず自分の理想の根拠について考えてみることをおすすめします。相手の年収が1000万円以上を望むとして、なぜその金額でなければいけないのか。別にそこまでの年収がなくても、ある程度の収入があれば2人幸せに暮らしていけるはずです。また、外見はイケメンな人を好むのであれば、一番好きなパーツはどこなのかなど。

このように、自分の理想がどういった理由から生み出されているのかを考えれば、自然と理想は下がっていきます。これは無理に妥協するということではありません。仕方なく理想を下げるのではなく、自分が心から求める男性の条件を洗い出すということ。この作業する前とした後では、結婚対象として見ることができる男性の範囲が広がっていること間違いなしです。

 

自分の理想の根拠がいまいち分かっていないという女性は結構多いもの。その考えはどういった理由から来ているのかを考えれば、自分が愛すことのできる人の条件は現実味を帯び、より多くの男性を見ることができるようになります。加えて、結婚したいのであれば男性からのお誘いは断らないのも大事。絶対にタイプじゃないというような人とも、一度デートをすれば以外に気が合ったりしますので、常に相手からの好意を受け入れる体制を整えておくとよいですね。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

Facebook

Twitter