menu

婚活のホンネ

お見合いパーティーでその後進展するためには?

お見合いパーティーのその後、どんな進展を期待しますか?

お見合いパーティーで、お互いに好印象を持って、最終指名でカップリングが成立したその後、大切なのは「メール」あるいは「電話」です。

今日のお礼や感想としてメールや電話をしてみる。それは、大人としての節度ある「ごあいさつ」のうちです。

もし、嬉しい出会いだったのなら、損得を考えずに、マナーとして自分から連絡をしたほうが好感度も上がります。それは、人として、当たり前の常識的なご挨拶程度のメールで充分、ステキな効果をもたらします。パーティーに参加した当日中がベストです。お互いのトキメキやドキドキが熱いうちに!

 

お見合いパーティー、その後のメール

shutterstock_291870230

好感度が高いのは、短文で、シンプルな、優しい気持ちになれるメール。

「今日はありがとう、楽しかったです、また」というノリのご挨拶。

「また、会いたい、楽しみにしてます」というニュアンスをこめて「次回は、〇〇食べましょう」とか、「いつでも、誘ってください」とか「今度、お休みがあえば、〇〇か、△△に行きませんか?」という、軽い意志表示をしておいても、いいかもしれませんね。

お 相手が重たく感じない程度のメールか電話。そのポイントは、大人としての「礼節」と、異性としての「優しさ」と、そして、焦っていると思われないような「精神的な余裕」です。

「今日は楽しかった」OR「あえて、うれしかった」という、優しい感想だけでも充分です。もちろん、次のデートにつなげる為には、お休みの予定などを伝えておくといいですね。朝のおはようメールや、行ってきますメール、そして、夕方のお疲れ様メールを、短文で、シンプルに、日々、やり取りするようになると、徐々に自然なお誘いもしやすくなっていきます。

もし、その後、連絡が取れなくなるようなら、その人は「さくら」の場合もありますし、冷めてしまったのかもしれませんが、それはそれで、それだけの事です。

 

その後の状況も、進展も、ご縁次第

shutterstock_162886016

カップリングが成立したとしても、お付き合いが順調に開始して継続するのは、5割から7割と言われます。

ですので、他の婚活パーティーや、別の合コン、お見合などのお話があれば、同時進行させてもいいと思います。

精神的に、まだ他にも、たくさんの出会いを選べる状況にあるわけですから、自分にとっての選択肢が増えるように、別のところでも、あれこれ婚活を続けてイイと思います。

カップリングした相手と、順調に2度、3度、二人でデートを重ねるようになって、情報を交換し合いながら、お付き合いする方向でハッキリするまでは、婚活もお見合も続けたほうが、安心感が違います。

もし2回、3回と会って行く中で、その後も継続したお付き合いをすると決めて、結婚に向けてお互いの意思が固まったのであれば、もう他の人を探すためのお見合いを続ける必要はありませんが、そのへんがハッキリするまでは、心のゆとりとして、出会いを探し続けても大丈夫です。

当日、カップリングしただけのお相手に、あまり、執着しない。そのほうが、むしろ、自然な自分らしさと、心の余裕が出て、イイかもしれません。

パーティー当日、カップリングしたからといって、その人と婚約するまでには、まだまだ、いろいろ状況が変化すると考えておいた方がいいでしょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

Facebook

Twitter