menu

婚活のホンネ

彼氏が最近冷たい!男性が示す別れのサイン3選!

クリスマスの最悪デート体験談

「付き合ったばかりの頃はあんなに優しくしてくれたのに、最近彼氏が冷たいことしか言わない…」そんな風に思って落ち込んでいる女性はいませんか?自分に正直で気持ちを隠すことができない男性の心は、しっかりと彼女に対する接し方に現れています。そしてその行動は、ある程度パターンとして決まっているもの。では、男性が示す別れたいと思っているサインとは、一体何なのでしょうか?彼氏が最近冷たくて不安に思っている方は是非、チェックしてみてください。

 

会話が相槌ばかりになる

人間、どうでもいいと思っている人の話には淡白な対応をとってしまうもの。つまり、会話中彼が相槌ばかり打つようになったら、愛情が薄れて別れたいと思っているサインということになります。愛している人が相手ならともかく、好きでもない人の話に興味が湧くはずはありません。大した質問も意見も思い浮かばず、ただ「ふーん」と相手の言葉を聞き流すだけ。自分からは話題を全く提供せず、かつあなたの話に対する返事が相槌ばかりになったら、間違いなく彼の気持ちは他に向いてしまっているということになります。

ただ、相手の男性の性格がもともと、そういう性格ということもありますので、そこをしっかりと見極めましょう。相手の会話が適当になっていたとしても、あなたが焦ってしまっては余計に相手の気持ちが冷めていってしまいます。もっと楽しく会話をして、と相手に求めるのも気持ちの押し付けになってしまいます。もっとドンと構えているぐらいの方が男性は女性に惚れますので、自信を持つように意識してみましょう。

 

批判が増える

shutterstock_370661624

最近彼からの批判が増えたように感じたなら、それは彼がもうあなたと別れたいと感じているサイン。あからさまに冷たいことを言ったり「どうして○○できないの」というダメ出しをするのは、相手の男性があなたに対してイラついている証拠です。そして、2人がうまくいっていない原因をすべて女性側に見出しているということ。批判ばかりで言葉に愛情を感じなくなったなら、もう末期。一緒にいることを苦痛としか感じていないかもしれませんね。

また、明らさまな批判でなくとも、デートでの食事に対してマイナスなことばかり言ったり、何かと否定的になってしまっていたら要注意です。冷めている男性はやはり何かと否定的になってしまう傾向にあるので、一緒にいても喧嘩になってしまうだけです。

 

常にスマホをいじっている

2人きりでのデート中、彼氏が常にスマホをいじっているのも別れたいという気持ちの表れのひとつ。恋人と一緒にいるのにずっとスマホを見ているのは失礼極まりませんが、彼はそれだけあなたとのデートに退屈しているということです。もしかしたら、そのスマホで気になる他の女性とやり取りしているのかも。ただ友達と連絡を取っているだけだったとしても、あなたの優先順位はスマホの次ということになります。一緒に食事をしてもずっとスマホばかり見て、2人の間に会話がほとんど無ければ、彼の気持ちは冷めきっている確率が高め。あなたの前で言葉にはしなくても、相手は高確率で別れたいと思っていますよ。

ただ、ここでも「スマホを触らないで」などといったことをいってしまうと「重たい女」と思われかねません。正直なところ、デート中にスマホを常に触っているようであれば、別れを意識しておいたほうがいいかもしれません。

 

根本的な原因を解決すべし

ふぁ

さて、ここまで男性が示す別れのサインをご紹介していきましたが、この状況を挽回するのははっきり言って至難の技になります。そのため、今回の恋愛をしっかりと顧みて、どうして彼氏が別れたい、と思うようになってしまったのかを考えたほうがいいでしょう。あなたの何気ない言動や行動が彼の気持ちを遠ざけてしまっていたのかもしれません。

基本的に男性は自信があったり余裕のある女性に惚れます。上記の彼の行動に対して、いちいち動揺してしまって、「楽しくない?」だったり「スマホをいじらないで」、「好きじゃないの?」などといった不安な気持ちを伝えてはなりません。楽しく笑顔でいる女性の方が圧倒的に魅力的ですし、彼もそんなあなたのことが大好きです。せっかくあなたのことを選んでくれたのですから、もっと自信を持って過ごしてみることを心がけましょう。そして、たとえ別れることになっても、彼から学べたことを生かして次の恋愛に役立てていきましょう。

 

もし万が一3つすべて当てはまったなら、彼の別れたいという気持ちは最高潮になっています。近日中に別れを切り出される可能性大。しかし、離れてしまった彼の気持ちを取り戻す方法や、最悪別れを告げられてしまっても有効な復縁テクニックも存在します。これから訪れるかもしれない未来への不安もありますが、その気持ちに押しつぶされてしまわないこと。今自分にできることを行いつつ、彼の心にできる限り寄り添う努力をしていきましょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

Facebook