menu

婚活のホンネ

結婚するのに貯金はいくらぐらい必要?【女性編】

「結婚はとにかくお金がかかるもの」という認識はどのような人にでもあると思います。でも、本当に結婚を決めるまでは、具体的にいくらくらいかかるものなのかを知らない人も多いのではないでしょうか。貯金は一週間やそこらで簡単に貯まるものではありません。将来結婚を考えているのであれば、今から必要な貯金額をチェックしてコツコツ貯めていきましょう。

 

一般的に結婚にかかる費用

結婚資金がいくら必要なのかというのは、はっきり言ってその人の価値観によって大きく変わります。しかし結納から結婚式を終え、新婚旅行まで行うことを結婚と考えた場合、そこにかかるお金はなんと400万円~450万円。旦那様と分担した上で両親からの援助を受けたとしても、女性側はある程度の金額を出すことになるわけですね。こういったことを前もって考えて貯金しておくことが大事になります。

ここで、男性に期待してはなりません。人間関係がこじれてしまう最も多い原因は、悲しいことに「お金」になります。お金がないことで余裕がなくなって、結局、お互いの気持ちがすれ違って喧嘩、ということは本当によくあります。せっかくの素敵な結婚なのに、お金が原因でギクシャクしてしまったら嫌ですよね。そのため、ある程度は女性側もためておき、男性におんぶに抱っこの状態にならないようにしておきましょう。もし、あなたが一文無しの状態であれば、男性からもこの女性と結婚して大丈夫かな、とも思われかねないのでご注意を。

 

女性は結婚に向けていくら貯金しておくべき?

結婚するのに貯金はいくらぐらい必要?【女性編】

では、女性は一体どれくらい貯金をしておいたらよいのでしょうか。結婚資金の分担割合は、平均して見ると両家で半分ずつというカップルが多いようです。よって、上記の結婚に必要な金額を考えると女性側の負担は200万少し。加えて両親からの援助を考えると、女性が結婚する際に貯金しておくべき最低金額は100~150万円となります。もちろん、これは結婚式や新婚旅行だけに焦点を置いた金額です。その後の生活や出産にかかる費用はまた別となりますので、ここで出した金額よりも多く見積もって貯金しておいた方が何かと便利ですよ。

付き合い始めて結婚をお互いに意識しているのであれば、1年と決めて彼と一緒にためていく、というのもいいかもしれませんね。ただ、結婚、結婚を意識しすぎていると、男性側は逃げていく可能性がありますので、ほどほどにしておきましょうね・・・。1年でこれだけためる、と決めた後は粛々と貯めていきましょう。お金を貯めていくときはお互いの給料から毎月いくらかのお金を積み立てていく、という方法がいいですよ。

 

結婚するだけならお金はかからない

とはいえ、上で出した金額は結婚式や新婚旅行を行った場合の話。籍を入れて一緒に暮らせばそれだけで結婚は成立しますので、それで満足なら何百万も貯める必要はなくなってくると思います。実際、今の若い人達の間では身の丈に合った結婚が主流。昔ほど結婚式の必要性も感じなくなっており、自分達2人だけでささやかなお祝いを済ませて終わりという男女も多くいます。結婚後の生活にそれなりのお金はかかるので貯金をするに越したことはないのですが、貯金が無ければ結婚もできないというわけでもないのです。それに今の時代では10万円でも結婚式を挙げることができたりする世の中なので、簡易的にあげるのも良いかもしれませんね。

 

お金が全てではないが、結婚後もお金はつきまとう

結婚するのに貯金はいくらぐらい必要?【女性編】

この世はお金が全てだ、なんてことは言いません。しかし、お金が結婚した後もつきまとうのが事実でもあります。結婚して子供が生まれればお金がかかる。お金が全てではないとはいえ、お金がなければそれは「悩み」になって、余裕がなくなり、家族も常にストレスを抱えギクシャクしてしまいます。だからこそ、結婚する前からある程度、お金に関して目星をつけて、どのくらいの生活になるのか、何にどのくらいお金が必要なのかを考えておくと良いでしょう。

お金に結婚生活を潰されてはたまったものではありません。ただ、素敵な結婚式をしたい、というのは女性なら誰しも思うことではありますが、結婚式をしなかったらしなかったで関係に不和が生じてしまうこともあります。そのため、しっかり計画して幸せな式を挙げて、そこから今後のことを考えていくと良いでしょう。お金が全てではないからこそ、まず、お金で悩むことをなくしていきましょう。

 

お金のかかる一般的な結婚の流れも、恋人と分担して家族から援助してもらえばある程度金額が抑えられることが分かりましたね。貯金がほとんど無い状態でも、節約に節約を重ねて結婚式を挙げるに至ったというカップルも存在します。今現在お金があまり無い状態でも、1年がっちり節約をすればある程度は貯まるはず。結婚式をするかしないかでかなりの差が出ますが、お互いに満足のできる結婚の道筋を見つけられるとよいですね。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

Facebook