menu

婚活のホンネ

お見合いがうまくいかない!原因はもしかしてコレかも?

お見合い,うまくいかない

お見合い中はいい雰囲気だったはずなのに、心待ちにしていた相手からのお返事はNO。そんなことが幾度となく続いてしまうと、やっぱり断られる原因は自分にあるのでは、と思ってしまいますよね。とはいえ、いけなかった部分というのは意外に分からないもの。そういうわけで、ここではお見合いがうまくいかない原因についてお話していきます。ひとつずつ自分と当てはめて考え、これからの縁談がうまくいくように問題点を改善していきましょう。

結婚を意識していない

shutterstock_360410669

お見合いは具体的に結婚を考えている人がすることです。だからこそ、ただ出会いや彼氏が欲しいという軽い考えで参加する女性は、相手方に断られやすい傾向にあります。お見合いの席で結婚後の話をするのは当たり前。それなのに、具体的に将来のプランも話せないようでは「この人は何をしにここまで来たのだろう」と思われても仕方がありません。結婚に対して真剣ではないという本音は、会話をしていれば簡単に相手へと伝わります。縁談を単なる出会いの場としてしか認識していない方は、まずお見合いそのものに参加するのを考え直した方がいいかもしれません。

写真と本来の自分が違いすぎる

相手方に送るプロフィール写真はできるだけ写りの良いものを選びたいですよね。でも、あまりにも本当の自分と違いすぎるものを送ってしまうと、お見合いでは断られる原因となってしまいます。縁談では外見の好みも重要な選択基準のひとつ。写真を見る限りではタイプだった女性が、実際会ってみると全く違っていたのでは、不満を持たれてしまっても不思議ではありません。特にシミやシワ、顔色といった部分を修正するのは絶対にダメ。体形をスリムに見せるなんてもってのほかです。女性側はプリクラ感覚で行うかもしれませんが、騙された男性側のショックは計り知れませんよ。

服装が派手すぎる

shutterstock_407632243

服は自分の個性を表現する大切なものですが、あまりに派手すぎる服装でお見合いに臨むと相手方から引かれてしまいます。特に年齢に合わない服装や化粧、けばけばしいネイルアートには注意。ブランド物の小物やバックを持っていくのも、お金がかかりそうな女性という印象を与えやすくなります。見た目が派手な女性は気も強く見え、特に草食系男子はまず近寄れない存在です。日常的にそういった外見である人は自分では気づきにくいため、一度自分の服装を他の人からチェックしてもらいましょう。

お見合いを断られてしまう原因について紹介してきましたが、ひとつでも自分に当てはまるものはありましたか?原因が自分にある可能性も十分にありますが、相手の問題で断られることだってたくさんあります。そもそもお見合いの成功率は低いのが普通。やるだけやったならあとは無駄に気負わず、断られても軽く流して次に向かうことのできる強さを持ちましょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

Facebook

Twitter