menu

婚活のホンネ

お見合いから交際まで発展する人ってどのくらいいるの?

彼氏の親に挨拶するときの注意点

出会いの場のひとつでしかないお見合いは、行ったとして必ず成功するわけではありません。中にはすでに何回もお見合いを重ねたのに成功せず、「本当にお付き合いまで行けるの?」と思い始めている女性も数多くいるでしょう。そこで今日は、お見合いから交際まで発展する人の割合についてお話していきます。一体お見合いで成功し男女の仲となる人はどれくらいいるのか、是非覚えて帰って下さいね。

 

30代が一番高いが、それでも2割に届かないくらい

お見合いから交際まで発展する人ってどのくらいいるの?

男女共にお見合い交際率が一番高いのは30代前半。全体の割合から見て約15~17%という結果になっています。若いうちは交際率が高いと思い込んでいた人にとっては、大分ショックな値かもしれません。この数値は年齢が高くなるにつれ、お見合い成功率が低くなるということを物語っています。このようにお見合いの世界は決して簡単ではないのです。婚活を進めている人の中には、数百人と会ってもいまだに成功しないという強者がちらほらいます。だからこそ、最初から交際に成功することばかり考えて臨むのではなく、「お付き合いできればいいな」という身軽な気持ちで参加した方が、精神的に消耗しなくて済むかもしれませんね。

「絶対に結婚するぞ」ということばかりにとらわれてしまうと交際できなかった時のショックや「また良い人とめぐりあえなかった」など落ち込むことになり、徐々にお見合いをする気力が失われていきます。お見合いをする気力が失われると婚活をするやる気もなくなり結婚が更に遠ざかってしまいます。このような最悪の事態を避けるためにもガツガツせず、リラックスした気持ちで臨むと成功率が高まるでしょう。

 

女性は緩やかに下がるが男性は一気に下がる

30代前半で約2割という決して高くはない結果でしたが、それも年齢が上がるごとに更に下がっていきます。特に男性の下がり方ははっきりしており、40代に突入すると30代前半のおよそ半分にまで下がると言われています。女性が徐々に下がっていくのに対して、男性は40代が大きな境目となり一気に下がります。40代を境に一気に下がってしまう原因には、写真と実物のギャップが大きいということが明らかになっているもようです。

男性は女性と比べて身なりや食生活に気を遣う人が少なく、それが40代を超えてはっきりと見た目に現れてしまうのですね。イケメンに映った写真を見てお見合いを申し込んだのに、実際は髪も肌もぼろぼろのおじさんだったら交際を断ってしまうのも頷けます。反対に女性はいつまでも綺麗でいたいという気持ちが強いのでいつも身なりを整え、男性のように写真と実物に大きなギャップが少ないのです。写真で通過しても交際までいかないと結婚にまでは至りませんから、男性も写真を撮りっぱなしにするだけでなく、身なりを整えギャップが少ないように努力することが必要です。

このように日常の少しの努力が結婚へ繋がるのです。独身男性が自分の身なりを整えるのは面倒なことではありますが、現在のままでは同じことの繰り返しになってしまいます。

 

100人とお見合いする覚悟で臨むべし

お見合いから交際まで発展する人ってどのくらいいるの?

このように、お見合いの世界では簡単には交際に発展しないのが当たり前です。むしろ簡単にぴったりの人が見つかってお付き合いを始められるのが奇跡なのです。とはいえ、落ち込むことはありません。合コンなどと違って結婚相手を真剣に探すお見合いの場は、将来結婚したいと考えている人にとっては近道です。自分で結婚相手を探すのは難しいですし、友達に紹介話を相談してもいつ連絡がくるのか分かりません。その点、お見合いは結婚したい者同士が集まるので、条件が合えば会うことができます。

会えるきっかけさえつかめれば交際に進展して結婚に繋がる可能性も出てきます。ですから1回や2回成功しなかったからといって、落ち込んでやめてしまうのはあまりにもったいない話です。どうせお見合いで婚活するなら、100人と会う覚悟を持ちましょう。この強気な心意気がお見合いには必要なのです。参加する度に断られるのは辛く感じるかもしれませんが、相性ぴったりの人に出会うことができた時、今までしてきたたくさんの苦労が一気に報われますよ。

2回や3回のお見合いで成功する確率が少ないと分かっていれば断られてもショックが少なくてすみます。必ず運命の相手に出会えると信じてお見合いを続けることが大切です。

 

お見合いの成功率に関してお話しましたが、ここまでの話で、お見合い界の厳しい現実を知ることができたかと思います。全体的に低い割合となっていますが、男性も女性もやはり若いうちが勝負時。そこを考えて行動を起こせば、それだけ運命の相手と巡り合う確率を高めることができるのです。そして男性の場合、写真を撮りっぱなしにするのではなく、写真と実物のギャップを埋めることが何より成功率を高めるポイントになります。とはいえ、お見合いから交際に発展するにはそれなりの期間も必要になります。焦らずに1~2年後と目途を立て、確率が下がる30代後半になる前に早め早めの相手探しを始めましょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

Facebook

Twitter