menu

婚活のホンネ

お見合いの服装ってどんなものが好ましいの?男性に好印象を与えるのは?

お見合い,服装

男女の出会いといえば、昔から「お見合い」が有名ですが、お見合いって緊張しますよね。お見合いでは、女性としての仕草やマナーなど一挙一動を見られている感じがしますし、気になる相手に印象付けるようアピールもしたいですよね。メイクやヘアスタイルも第一印象のポイントとしてとても大切ですが、やはり服装も大事です。ということで今回は、「お見合いの服装はどんなものが好ましいか」についてご紹介いたします。ぜひ、婚活を早く終わらせるためにもお見合いの服装には気を遣ってくださいね!

お見合いの際の好ましい服装

お見合いの際の好ましい服装

まずはじめに、「メラビアンの法則」というものをご存知でしょうか?これは人の印象は見た目が55%以上を占めるというものです。つまり、恋愛においても相手の男性はあなたのことを「あなたの見た目」で5割以上判断する、ということになってしまうわけです。確かに「中身が大事!」という言葉もありますが、まずは「仲良くなりたい」と思ってもらうためにも外見、身なりをしっかりと気を遣い印象良く思ってもらいましょう!

お見合いの場所によってTPOをわきまえた服装をすることが大切です。稀ですが、料亭のような場所なら着物で行ってもいいでしょうし、レストランだったら控えめながらも個性の光るパーティードレスのようなものでもOKでしょう。ただ上記のようなお見合いは今の時代にはあまりなく、例えば、結婚相談所のお見合いなどはその相談所内の個室だったり、ホテルのラウンジなどで待ち合わせをして行われるなどが多いです。そういったお見合いの場合は、「女性らしさ」を演出するもので、男性から見た時の第一印象を良くする服装が好ましいです。

基本はスカートで、シルエットがふわっとしたものがオススメです。ワンピースなら、色味を白やネイビーなどに抑えると大人らしく清楚な女性を演出できます。そして自分に合った高さのヒールを履くと、スタイルアップにもなりますし、女性らしさもUPしますよ。また、ホテルのラウンジやレストランのような場所でお見合いをする場合は、ドレスを着ていくなどフォーマルに仕上げてもいいかもしれませんね!やはり大事なのはその場の雰囲気に合った服装です。

 

逆にNGなこと

お見合いの際の好ましい服装

上記に挙げた逆のことになりますが、まず「パンツではいけないのか、ボーイッシュを演出してはいけないのか」ということですが、そんなことはありません。ただ万人受けするスカートを履く方が印象を良くする上で効果的なので、普段はき慣れていない人もこの機会にはいて、お見合いに臨んでみましょう。もしかしたらそのおかげで背筋が伸び、女性らしさが高まるなどしていいお見合いになるかもしれません。

また「ワンピースだが、女性らしさを演出するなら露出の高いものはどうか」については、避けた方がいいと思います。安っぽい女性を演出しかねませんし、子供っぽいものもNGです。合コンなどではなく、「結婚相手を見極める席」なのです。マイナスなイメージを与えるのはよくないでしょう。「ヒールとか普段履かないし、普段から履き慣れているペタンコ靴ではどうか」ということですが、そちらも子供っぽい印象を与えてしまうので避けた方がいいでしょう。ある程度のヒールを履きこなすことは「社会人の女性」という立場としても当たり前に近いことです。フォーマルな格好にはヒールがある程度ある靴は必須です。ただし、ヒールが高すぎると歩きづらいですし、歩き方が変になりますので避けましょう。

他にもNGなものとしてあげられるのは、「自分に明らかに合っていない服装」をすることです。お見合いで気に入られようとして無理した格好をしてしまっても結局、最後にはボロが出てしまいます。そのため、自分が気に入っている服装であり、お見合いでも着ていける服装に仕上げることがお勧めでしょう。派手すぎたり、ジャージなどあまりにも不適切な格好でなければ、問題はありませんので気楽な気持ちでお見合いに臨んでくださいね!

 

いかがでしたか?「逆にNGなこと」では、実際に質問があってそれに答えていくようにまとめてみました。参考になりましたでしょうか?更に、メイクのこともあげるなら、「盛りすぎ」や「派手すぎ」は避け、ナチュラルメイクで女性らしさを演出しましょう。写真と全然違う顔になってしまっては相手を混乱させてしまいます。そしてスタイル維持も大切ですよ!将来の旦那様に早く巡り合えることを願っています。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

Facebook