menu

婚活のホンネ

彼氏が結婚してくれないのはなんで?

デートに誘うタイミングは?

結婚出産に年齢が絡んでくることから、女性はなるべく早いうちに結婚したいと考えている人が多いかと思います。でも、結婚は自分1人の意志だけでできるものではありません。中には、自分は早く結婚したいのに恋人が籍を入れることへの意欲を見せてくれない、という悩みを持つカップルもいるのではないでしょうか?彼が結婚を躊躇しているのには、実はあまり口にしたくない理由があるのかもしれません。今回は、彼氏が結婚してくれない原因を3つご紹介していきます。

 

結婚に対する覚悟がない

結婚に対する覚悟がない

まだまだ遊んでいたいと考えている男性に多いのが、結婚に対する覚悟がないという理由。男性にとって結婚とは夫となり、子供が生まれれば親になること。どちらにしろ、一家の大黒柱として家庭を支えていく義務が生じます。つまり彼が結婚したくないのは、このような責任が発生してしまうのを嫌がっているのです。家族よりも自分を優先したいと考えている限り、彼が結婚を決意することはないかもしれません。

 

もっと良い女性が現れるのを待っている

もっと良い女性が現れるのを待っている

現在付き合っている彼女はただのキープ。彼が結婚に足を踏み出せない理由は、もっと他に良い女性が現れるのを待っているからである可能性があります。ただし、この本音を彼が自分の彼女に伝えることはまずありません。追究しようとしてもなんやかんやと理由をつけて逃げ回るでしょう。他の女性の出現を心待ちにしている場合、結婚を避けて何年でもずるずると交際関係を続けようとします。別れを切り出されて初めてあなたの大切さに気が付くこともありますが、あまり彼との結婚は期待できないと言ってよいでしょう。

 

経済的に安定していない

経済的に安定していない

共働きが当たり前の社会となりつつありますが、結婚するとなると男性の頭にはやはり「家族を養わなければならない」という考えが強く浮かびます。だからこそ、お給料が安かったり独立したばかりで経済的に安定していないと、自分から結婚に向かっていこうとはしません。責任感の強い性格を持つ男性は、時折このような理由で籍を入れることを嫌がる場合があります。一家を支えていこうと思ってくれている分、経済的なことを理由にされると結婚を急かすのも躊躇ってしまいますね。

男性が結婚に気乗りしない理由には、良いものも悪いものもあります。しかし一番いけないのは、その原因を明らかにしないままずるずると付き合いを続けてしまうこと。何年も交際した挙句に別れるなんていうことになったら最悪です。彼氏が結婚を嫌がっていることに気づいたら、まずは腰を落ち着けて話し合いを行うこと。今後の見通しを少しでも明確にしておくことで、将来への不安が多少は和らぎますよ。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

Facebook