menu

婚活のホンネ

婚活の高望みは禁物?相手選びは妥協しなきゃだめなの?

結婚,高望み

結婚はパートナーと一生を共にするため相手に求める理想は大切です。しかし、理想が高すぎるがゆえに婚期を逃がしてしまうというこもあります。結婚には理想は大切ですが、何処まで妥協すれば良いのか分からないこともあります。婚活に高望みは厳禁なのでしょうか?

 

現実の結婚

現実の結婚

結婚相手に対して人それぞれ、理想はあるかと思いますが、全ての理想を叶えて結婚したという人はごく少数ではないでしょうか?結婚している人を見ると皆、ある程度の妥協をして結婚しているはずです。飲み会などでパートナーの愚痴が出るのは典型的な例ではないでしょうか。自分の理想通りの人と結婚すれば愚痴もでるはずがありませんね。ところが、愚痴を話すということは何らかの不満がありながらも妥協をして結婚したということになります。妥協のできない性格だと婚期を逃し、一生独身ということにもなりかねません。但し、妥協ばかりしても幸せな結婚は送れないことも事実です。ある程度の理想を持って結婚するようにしましょう。

 

あなたは高望みをしていませんか?

「高望みをする」とよく耳にしますが、一体高望みとはどのような事なのでしょうか?一般的には高学歴、高収入、ルックス、職業、両親と別居、更に都市部に在住など全てクリアする男性は少ないはずです。そして男性の場合、女性の理想にこだわった結果、料理や選択の苦手な相手と結婚してまう可能性もあります。外見が美人・可愛らしいなど見た目が良くスタイルも抜群、頭も良く、高学歴でも家庭的なことが何一つできないようでは困ってしまいますね。

独身時代は外食したり、自分の身の回りは自分で管理すれば良いですが、女性の場合、育児・出産などを通して家庭的な負担が増えてきます。外見にばかりこだわって結婚すると結婚してから後悔することになります。人にはいくつか欠点もあり、全てパーフェクトな人はいないのです。結婚相手を決める時は理想ばかりではなく、現実的な相手か選ぶようにしましょう。

 

妥協ではなく条件で選ぶ

妥協ではなく条件で選ぶ

結婚には理想も必要ですが、妥協することも同じように大切なポイントになります。結婚相手に対して、どうしてもこれだけは譲れないというものを求めましょう。理想はあくまでも理想として捉え、結婚するにあたり現実的な相手か見極めるようにします。生きていくなかで高級車や都心部に住むことは重要でしょうか?また相手の学歴やルックスなどはただ、他の人に自慢したいにすぎません。贅沢をしなければある程度のお給料で生活していけますし、外見も年齢と共に変化するにで、いつまでも20代のルックスではありませんね。

家事や育児など必要最低限のことができるか、またはお金の使い方は荒くないかなど一生を生活していく中で大切な要素を考えれば自然と条件も絞れてきます。外見でなく内面で人を見るようにすると結婚相手を見つけやすくなるでしょう。

 

婚活の高望みについてまとめました。理想を持つことは大切ですが、高すぎる理想はハードルが高く結婚に繋がりにくいことがあります。婚活をしているということは真剣に結婚を考えていることなので、外見やプロフィールではなくその人の内面をみて選べば結婚へ近づくことができるでしょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

Facebook

Twitter