menu

婚活のホンネ

彼氏の年収が低い!このまま結婚して大丈夫?

現在、付き合っている彼の年収が低いとこのまま結婚しても大丈夫なのか不安になりますよね。結婚式や新居、新婚旅行など結婚するに当ってお金は必要になってきます。高給でなくても生活していけるだけの最低のお給料は確保したいものです。今回は彼氏に求める年収や結婚にかかる費用などについてまとめました。彼の給料が低くて、結婚をためらっている方、参考にして下さい。

 

結婚にかかる費用は?

一生涯で大きなイベントである結婚式は費用もかかります。彼氏のお給料が安いとはたして結婚式が実現するのだろうか?と心配になってしまいます。ここでは結婚式にかかる費用を紹介します。

 

披露宴

shutterstock_133378736

結婚式では平均して約350万円はかかると言われています。会場代や衣装代、ゲストの料理や飲み物、ウェディングケーキ、会場装花、ビデオや写真撮影など結婚式に必要な基本的なものでも最低で約350万円はかかります。特に披露宴は招待客により金額が増減するため、お互いの親族が多いほど費用は高くなります。但し、収入が少なく貯金の少ない彼でも結婚式のご祝儀などでカバーできる場合があります。また近年では、費用が抑えられるような結婚プランもあるので、今の彼とどうしても結婚式を挙げたいという方でも結婚式の夢は実現します。

 

子供が生まれた後の生活費用っていくらかかるの?

結婚式が無事に済み、二人の生活も落ち着いてきたところで「そろそろ子供が欲しいね」とうことになります。更に親族や友達など周囲からも「子供はまだなの?」と囁き声が聞こえてくるでしょう。彼の収入が低いと、ここでも課題が出てきます。彼のお給料で子供が生まれても大丈夫なのか?心配になりますよね。子供が生まれると、オムツ代やミルク代がかかってきます。但し、完全母乳ならミルク代はかかりません。光熱費や食費などは現在の約10%〜15%くらい高くなると設定しましょう。

家賃は住む場所によって異なりますが、約10万円前後を見積もるようにします。そして養育費ですが、公立か私立のどちらかを選ぶかによっても異なってきます。私立なら何万円〜何十万円単位で学費が出ていきますが、公立の場合はかなり抑えられます。私立中学の場合、3年間で約370万円、私立高校では約300万円かかります。公立の場合は、私立の半分になります。

 

彼氏に求める年収

shutterstock_272600351

「愛があればお金はいらない」と言いますが、やはり愛があってもお金がないとケンカの原因になります。結婚は二人の問題だけではなく、子供ができれば養育費なども必要になります。世間の女性は彼氏にどれくらいの年収を求めているのでしょうか?

1位.300万円以上から400万円以内
2位.400万円以上から500万円以内
3位.500万以上から600万円以内

上記の結果から分かるように最低でも300万円以上は稼いでほしいと願っている女性が多くいます。但し、自分が専業主婦で彼だけの収入のみの場合、300万円では少し心細いかもしれませんね。彼の収入が少ない時は自分も働いてお互い助け合いながら生活していくと良いでしょう。

ということで今回は、結婚にかかる費用や子供が生まれた後の生活などについてまとめました。彼の収入が少ない時は自分も働いて彼を助けてあげましょう。子供が生まれると何かとお金がかかるため子供ができるまでに貯蓄をすることが大切です。若い彼氏ならこれから昇給のチャンスもあるので励まし合いながら仲良く暮らして下さいね。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

Facebook