menu

婚活のホンネ

彼氏が欲しい!でもできない!私がモテない原因って?

彼氏がほしい!

周りのみんなはどんどん恋人を作って先に進んでいるのに、未だ私は彼氏もできずひとりぼっち。まるで自分だけがぽつんと取り残されたみたいで、一気にみじめな気持ちになってしまいますよね。とはいえ、彼氏が欲しいと思っていても、なかなかできないのが現実なはず。では、男性にモテない原因とは一体何なのでしょうか?ここでは、彼氏が欲しくてもできない原因をひとつずつ解説していきます。

 

自分のことが好きすぎる

自分のことが好きすぎる

常に自信のある人間でいるために、自己愛を持つのは悪いことではありません。しかし、それも度を越えてナルシストの域に入ってしまうと、男性を寄り付かせない原因になります。「なんでも私が1番じゃなきゃ嫌!」という態度は少なからず相手に伝わるもの。もしかしたら、無意識のうちに女王様的な発言で男性を引かせているのかもしれません。自分を好きでいるのは素敵なことですが、それを前面に出し過ぎるとモテない原因の1つとなるのです。

 

不幸アピールがくどい

不幸アピールがくどい

男性の気を引く手段として、不幸アピールを使っている人はいませんか?「可哀想なこの子を僕が支えてあげなくちゃ」という展開を予想しているのかもしれませんが、それはまったくの逆効果。男性が不幸な体験を聞いて可哀想と思うのは、少しでも気のある女の子にだけ。それ以外は可哀想どころか、ただの重い女として認定されてしまいます。まだ知り合って間もないのに自分の暗い過去を明かす癖のある人は要注意。面倒な人だと思われ、男性の方から去ってしまいますよ。

 

男言葉が多い

男言葉が多い

言っている本人はあまり意識していないかもしれませんが、言葉遣いは男性が結構観察しているポイントです。彼氏ができない原因は、普段男言葉ばかり使っていることにあるのかも。大口を開け手を叩いて爆笑したり、言葉遣いが汚い女性に魅力を感じる男性はあまりいません。彼らが可愛いと感じるのは、あくまで女性らしさを感じさせる人。いつも男言葉ばかり使う人はそれだけで乱暴・雑というイメージがついてしまうため、恋愛対象からいとも簡単に外れてしまうのですね。もしも男言葉ばかり使っている人は間違いなく恋愛面で損をしていますので、女性らしい言葉遣いを意識した方がよいでしょう。

彼氏ができない原因についてお話ししてきましたが、1つでも自分に当てはまるものはありましたか?「男って結局顔なんでしょ」と考える人もいますが、やっぱり重要視するのは性格面。どんなに可愛くても厄介な性格をしていれば、男性はあっという間に去って行ってしまいます。ここでご紹介したことはすべて改善可能な特徴ばかり。これらの癖を直していけば、恋愛でチャンスを掴む機会はぐっと増えるはずですよ。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

Facebook

Twitter