menu

婚活のホンネ

婚活に疲れた!私がうまくいかないのはどうして?

婚活 疲れた

婚活を始めてすぐに相手が見つかればいいのですが、なかなか成功しないと「もう疲れた…」と落ち込んでしまいますよね。「自分は魅力的な女性ではない」などと思い込み、モチベーションが下がっていく人も多いことでしょう。もしかしたら、結婚相手探しがうまくいかないのにはそれなりの理由があるのかも。婚活がうまくいかない原因を理解すれば、今後はスムーズに理想の相手と結婚できるかもしれませんよ。

 

アピールポイントを整理していない

アピールポイントを整理していない

相手から気に入ってもらうためには、売りともいえる自分の長所を知ってもらわなければなりません。しかし、事前にアピールポイントを整理していなければ、それも難しくなってしまいます。特に初対面の男性と交流する婚活の場では、お互いを知るために質問が繰り返されます。そんな時、相手からの質問にすんなり答えられないようでは会話が行き詰ってしまいますよね。婚活を始めるならば趣味や休日に何をしているか、仕事はどんなことをしているのかなど、基本的なアピールポイントは整理しておくこと。異性からの質問にすぐ答えられるか答えられないかによって、その後の関係が変化していきますよ。

 

条件に厳しい

条件に厳しい

婚活をする人の中には、求める男性の条件を一度決定してしまったらそれ以外の人を認めようとしない人がいますね。でも自分の希望する条件のすべてを満たす男性が現れるまで待っていたら、若さばかりをどんどん消費してしまうでしょう。世の中には色々な外見やスキルを持った男性が存在しています。つまり、その条件以外にも素敵な人は必ずいるのです。それなのに、視野を広く持たずえり好みばかりしているのであれば、婚活が成功することはまずないでしょう。

 

受け身すぎる

受け身すぎる

お見合いや婚活パーティーは将来結婚したい人が集まる場所。そんな中で男性から声をかけられるのを待っているばかりでは、必ずカップリングは失敗してしまいます。自分から話しかけなかったり話題を提供しないのでは、男性が寄ってこないのも当たり前。仮に会話に発展することができても、受け身すぎる姿勢は「僕に興味がないのかな」と思われてしまう原因にもなります。婚活をするなら多少なりとも肉食系女子を目指すこと。草食系と呼ばれる男性が増えてきている今、受け身の姿勢はなおさら婚活を失敗に導くのです。

 

お見合いなら話は別ですが、婚活パーティーという場では自分の他にも女性がたくさん。つまり、ライバルが多いのです。このまま原因から目をそらして婚活しても、気になる人はみんな他の女性にとられてしまうでしょう。2、3回なら婚活失敗も想定内ですが、あまりにも失敗が続く場合は自分の方を見直してみるべき。自らの欠点に気づくことさえできれば、次の婚活は今までよりも成功率が大きくアップするはずですよ。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

Facebook