menu

婚活のホンネ

お見合いから結婚まで交際期間はどのくらいがベスト?

フィーリングが合う人と出会ってお付き合い期間を過ごし、結婚という流れを辿ることこそが恋愛と思っている人にとって、お見合いはまさに未知の世界。一体どのような流れで交際を経たのち結婚に至るのか、なかなか想像がつかないと思います。そこで今回は、お見合いをしてから結婚までの交際期間や流れを詳しくご紹介していきます。お見合い後の不安を拭うことができない人の参考になれば幸いです。

すぐに交際を始める必要はない!まずはデートを重ねるべき

すぐに交際を始める必要はない!まずはデートを重ねるべき

お見合いをしたらその直後からお付き合いを始めなければならないと思っている人がいますが、お見合いは単なる出会いの場でしかありません。まずはデートを重ね、その上で恋人として交際を始めるかを決めましょう。初対面の相手であるからこそ、なるべくデートは多めに。最低でも10日~2週間に1回はセッティングすべきです。交際前の期間は最高で3か月までがベスト。それ以上経ってもお互いに告白をしないということは恋人とは考えられないということですので、さっさと切り捨てて次のお見合いの準備を始めましょう。

 

交際期間は半年~1年

交際期間は半年~1年

3か月以内にどちらかが告白をし、OKされたらついに正式な交際がスタートします。とはいえ、だらだらと何年にも渡るようなお付き合いはしません。具体的には、お付き合いの時間は半年~1年がベスト。なぜかというと、お見合いは結婚を目的としたものだから。もしその期間を付き合っても結婚の意思が確認できなければ、それ以上一緒にいることはお互いにとって若さを消費するだけの期間となり、今後の婚活が厳しくなってしまいます。少し駆け足気味に感じるかもしれませんが、お見合いではさっさと結論を出して前に進む必要があるのですね。

 

結婚を決めてからも相手を知る

結婚を決めてからも相手を知る

さて、どちらかがプロポーズをすれば結婚式の準備をする必要があるのですが、式場の予約はすぐにとることができるものではありません。最低でもプロポーズから3か月、平均して半年以上先に結婚式を行うカップルが多いかと思います。よって、早めに結婚を決めたといっても、実際に結婚するのは出会って1年以上先になるようです。その間にも相手に関する新しい発見があったり、時には意見の食い違いから喧嘩をすることもあるかもしれません。でも、それだけ相手との絆が強くなっていること。短い期間で自分達の関係を発展させたからといって、不安になることは何もありませんよ。

以上、ここまでがお見合いから結婚までのベストな流れとなっています。よく知らない人とのお見合いや結婚を決めるまでの期間の短さをコンプレックスに思う人がいますが、自然に出会い恋愛したとしても、ひと月やふた月で結婚してしまう人だっています。つまり、お見合いだって普通の恋愛と何ら変わりないのです。どんな出会い方をしても運命の人は見つかります。お見合いでの要素を不安に思わず、良い人がいたらどんどん前に進んでいきましょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

Facebook