menu

婚活のホンネ

婚活パーティーってどんなことするの?雰囲気は?体験談をご紹介!!

出会いを求める男性女性が参加する婚活パーティー。この言葉を聞くのは決して珍しいことではありませんが、自分が参加するとしたら話は別。実際に会場ではどんなことをするのか、周りにはどんな人がいるのかと気になることは山ほどありますよね。そこで、婚活パーティーに実際に参加した人の体験談をまとめてみました。参加を検討している人は是非参考にしてみて下さいね。

 

みんなが結婚を意識しているわけではない

みんなが結婚を意識しているわけではない

20代女性が参加したあるパーティーでは、まず始めに参加者のプロフィールと胸元につけるナンバー、気になる男性2人の名前を記入するカード、最終的に誰が良いのか第三希望まで記入できるカードを配られたとのこと。参加人数は男女共に約10人。女性はひとりずつ個室に入り、そこを男性がローテーションで回ってくれます。会話時間は1人8分。お互いのプロフィールをよく確認して、制限時間内にできるだけ打ち解けられるように頑張ります。

その後、中間発表にて誰が気になっているか2人の名前をカードに記入、それはスタッフによって本人に届けられました。そして、結果発表にてお互いに気に入った男女がいれば、その場でのカップリングは成功という流れ。1人で参加している人も多く、「婚活」という名前がついているわりにはとりあえず恋人が欲しいという人が多かった模様。1人参加が心細くても、スタッフが助けてくれるので大丈夫のようです。

 

平日夜からも開催してくれるパーティー

平日夜からも開催してくれるパーティー

30代の女性が参加した、デザートと飲み物つきの婚活パーティー。規模は男女共に約20人で、平日の夜に開催されたそうです。平日夜だからか男性陣は仕事帰りの方が多く、女性陣もあまり派手に着飾った人はいなかったとのこと。到着してすぐに会話の元となるプロフィールを記入。このパーティーでもやはり男性が着席した女性のところを順に回っていくスタイルだったそうで、もちろん会話に制限時間があります。20人全員が一通り周り終えたらフリータイム。飲み物とデザートをお供にそれぞれ好きな人との会話を楽しみます。

1人になってしまう人もいますが、スマホをいじって時間つぶしをしている方が多かったようです。フリータイムでは異性にメッセージカードを渡すことが許されており、それに連絡先を書いて渡してくる人も何人かいたとのこと。最終的に第三希望まで気に入った相手を選び、結果発表ののちカップリング成立…というのはどの婚活パーティーでも一緒ですね。

 

良いことばかりじゃない!最悪な例も…

良いことばかりじゃない!最悪な例も…

参加者に親切なパーティーばかりではありません。会社の先輩と共に参加したという女性が体験した婚活パーティーは、かなり対応が悪かった模様。まず時間通りに開催されず、身分証のチェックは一切なし。加えて別々に予定していた2つのパーティーを合同で行うことが発表されたため、参加者はみんな困惑顔だったのだとか。極めつけは最初から最後までフリータイムというもの。
1人との会話に制限時間はあるものの、基本的には「好きな人のところに行っていい」というルールだったため、気に入った女性に何度も話しかける男性が続出したそうです。ここまでぐだぐだでは、いくら料金が安くても参加はお断りしたくなりますね。

具体的に婚活パーティーではどんなことをするのか、軽く知っておくだけでも当日の緊張が少しはマシになります。また、最近ではカジュアルな形式のパーティーも増えている様子。人数が多いだけの少し規模が大きい合コンだと思えば大丈夫。変に気張りすぎず、ゆるく楽しんできて下さいね。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

Facebook

Twitter